古いデニムは捨てないで!オシャレに可愛くリメイクする方法を教えます♡

夏らしくてオシャレなデニムアイテムは毎年注目の的。お家に眠ったままのデニムがあれば、皆さんもぜひリメイクに挑戦してみませんか?アレンジ次第でカッコ良くも可愛くもなる素敵なリメイク方法をご紹介します!

2016/06/28更新
古いデニムは捨てないで!オシャレに可愛くリメイクする方法を教えます♡

着なくなってしまった古いデニムって、皆さんはどうしていますか?ブランド物のジャケットやパンツなんかは特に値段が張るので、なかなか捨てられずにクローゼットや衣装ケースにしまい込んだままになっている…という方も多いはず。断捨離をする思いで潔く捨ててしまうのも良いのですが、思い切ってハサミを入れるとインテリアとしての使い道が開けますよ♪


 

不要なデニム、リメイクしてみませんか?

夏らしくてオシャレなデニムアイテムは毎年注目の的。お家に眠ったままのデニムがあれば、皆さんもぜひリメイクに挑戦してみませんか?アレンジ次第でカッコ良くも可愛くもなる素敵なリメイク方法をご紹介します!ステンシルを加えたデニム生地を写真フレームに入れて飾るだけのオシャレなインテリア♪ステンシルだけじゃなく、スタンプや刺繍で模様を付けても素敵です。


 

広告

 

デニムポケットを使ってウォールポケット作ると、可愛らしい小物入れに。こちら、ポケット部分は接着剤のみでくっつけているそうです。


 

木の板やコルクボードにデニム生地を貼り付けた、アクセサリースタンド。


 

廃材やカッティングボード、まな板などにデニムのポケットを貼り付けた収納雑貨。多肉植物やフェイクグリーン入れとして飾るとオシャレです。


 

使い終わったコーヒー缶やフルーツ缶は捨てずにとっておくと、リメイク缶作りに活かせます。デニムに付いているスタッズやボタン、タグなども一緒に組み合わせると個性的な雰囲気に。


 

デニムを好きな形に切り取って作るコースター。ステンシルを加えたり、ワザと端切れを出すとカッコ良いですよ!


 

板の壁にデニム生地を貼り付けると、ビーチハウスのような素敵なスタイルになります。


 

縫い合わせたり、貼り付けたりするのが面倒…という方は、デニムのポケット部分を残して切り取り、壁に飾るだけの小物掛けなんていかがでしょう。


 

大きさ違いのデニム生地をパッチワークして時計の文字盤にしたり、クッションを作るというアイディア。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

maru

maru

可愛いくてオシャレな生活雑貨を中心に紹介致します♪