ライティング効果で素敵な夜を演出。DIYで作るおしゃれなライトをご紹介♡

素敵なインテリアのポイントのひとつである、お部屋のライティングですが、大掛かりな工事が居るものや、高価なアイテムのものは、決断するのにちょっと勇気がいりますよね。そんな方のために、身近な材料を使ってDIYで作れる、おしゃれなライトをご紹介させていただきます。ライティング効果で、素敵な夏の夜を演出しましょう。

2016/06/27更新
ライティング効果で素敵な夜を演出。DIYで作るおしゃれなライトをご紹介♡

素敵なインテリアのポイントのひとつである、お部屋のライティングですが、大掛かりな工事が居るものや、高価なアイテムのものは、決断するのにちょっと勇気がいりますよね。そんな方のために、身近な材料を使ってDIYで作れる、おしゃれなライトをご紹介させていただきます。ライティング効果で、素敵な夏の夜を演出しましょう。

リラックスできるライティングスタイル

蛍光灯の灯りの色は、白い色の他に、青白い色、オレンジ系の色と、大きく3つに分けられ、それぞれに、そのお部屋の用途に合った使い分けの理由があります。さて、素敵な夏の夜を演出する灯りには、どのようなものが適しているのでしょうか。

オレンジ系の灯りがベター

メインの照明の灯りを落して、間接照明やほのかな明かりのライトをつけてリラックス効果をはかる場合は、オレンジ系の灯りがベターです。刺激が少なく、やわらかで温かいオレンジ系の灯りには、リラックス効果があります。眠る前のひと時にオレンジ系の灯りをチョイスすれば、心が安らぎ、心地よい眠りにつくことが出来るんです。

低い位置がマスト

照明は、照らす場所=置き場所によって心理的な効果が変わってきます。心からリラックスするためには、出来るだけ低い場所から照らすように設置しましょう。これは、朝晩は低い位置から照らす、太陽の光の動きに関係しているようです。

 

広告

 

DIYで作る素敵なライト

きっと作ってみたくなる、DIYで作成する素敵なライトをご紹介していきます。

ピンポンボールライト

用意するのは、ピンポン玉とマルチカラーのLEDフェアリーライトです。


 

ピンポン玉に、ライトをセットできるように、切り込みを入れていきます。


 

慎重に、切り込み口からライトを差し込んでいきます。


 

はい、もう出来上がりです♪マルチカラーのライトが白いピンポン玉の中で、やわらかなパステルの光を放ちます。


 

空き缶をリメイク

用意するのは、よく洗った空き缶とカラースプレイ、缶に穴を開けるための工具、そしてフェアリーライトです。缶に穴を開けたら、カラースプレイで染めて、フェアリーライトをセットします。


 

壁に映る光の陰影が美しい、素敵な光景を演出してくれます。


 

イニシャルライト

簡単すぎて物足りない。。という方のために、ちょっと手の込んだDIYをご紹介します♪まず、薄手のプラスチックボードなどに、好きなイニシャルの図面を描き、ライトを組み込む穴を開けていきます。


 

イニシャルのパーツをカットして組み立てていきます。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。