限られたスペースをどう飾る?☆コツを押さえて作る玄関インテリア

靴はもちろん、外出に必要なものなど、なにかとごちゃつきがちな玄関をすっきりお洒落にしてみませんか?玄関インテリアのコツを押さえてあっというまにお洒落にしちゃいましょう。

2016/06/16更新
限られたスペースをどう飾る?☆コツを押さえて作る玄関インテリア

限られたスペース「玄関」をどんなインテリアにするか

玄関のインテリアは何を重視していますか?すっきり片付いて使いやすいけど、お洒落さに欠けてしまったり、逆にお洒落なインテリアにしているけど実は使い勝手が悪かったり。特に玄関はなかなか思い通りのインテリアにならなかったりしますね。だけど玄関だってお部屋と同じようにインテリアを楽しみたいし、すっきりキレイにしていたい♡コツを押さえて、玄関をすっきりお洒落に、そして「心地いい」スペースにしてみませんか?ぜひ玄関インテリアの参考にしてみてください。

 

玄関にラグマットを敷く

玄関にマットを置いてみませんか?よく見かけるのはドアのすぐそばに小さなマットが置かれている状態です。日本の生活様式を考えるとその位置にあるほうが靴底の汚れが取れて機能的なのですが、今回は海外インテリアの真似をしてみましょう。細長いラグマットを縦に置いてみます。これだけでもぐっとお洒落になります。


 

広告

 

ストライプ柄が印象的な黒白のラグマット。玄関インテリアのアクセントとして大きな役割を果たしていますね。玄関にベンチを置いておくと、座ったり物を置いたり、なにかと便利です。


 

玄関先の廊下にラグマットを2つ縦に置いています。この2つというのがポイントですね。黒いマットなので長い1枚にすると少し重い印象になりがちですが、短いサイズを間隔をあけて置くことで黒色でも圧迫感がありません。


 

手織りのあたたかなぬくもりを感じるキリムは遊牧民が織る織物です。独特な幾何学模様が特長で空間を優しく彩ってくれます。肌触りもよく気持ちいいです。


 

玄関を入ってすぐにこんな可愛らしいふわふわピンクのマットがあったらなんだか笑顔になっちゃいそうです。ピンクのグラデーションとてもキレイで明るく迎え入れてくれているようです。


 

照明はお洒落インテリアを作る大事なアイテムです

複雑に入りくんだデザインの照明です。隙間から漏れる灯りが壁に映し出されて幻想的な雰囲気に。壁をデザインしているかのようですね。光と影をインテリアにする特別な演出です。


 

たくさんの花柄フェアリーライトが天井から吊るされていて、置いてある自転車にまでフェアリーライトが巻かれています。扉横の鏡には鏡を覆うようにライトが囲んでいます。キラキラした空間がとても素敵です。


 

ユニークなデザインの照明が1つだけでも十分インパクトがあるのに、2つも吊るされています。この2つがお洒落ポイントなんですね。デザイン性の高い照明に対し、玄関は素朴な雰囲気。このコントラストがおもしろいですね。


 

狭い玄関にはシンプルな裸電球を吊るします。ここも1つだけではなく3つ並べて吊るすところがお洒落ポイントです。奥行を広く感じることができます。同じ方向に敷かれたラグもその効果を手伝っています。


 

洗練されたお洒落なスペースです。壁の端に吊るされた電球が玄関をやわらかく包んでいます。「飾っています感」がなく、さりげない感じがお洒落なんですね。レンガの壁もとても素敵です。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。