隠す収納なんてつまらない!!無印良品で”魅せる”収納術

「収納は隠すもの」なんて思っていませんか?きちんと片づけられたシンプルなお部屋もいいけれど、なんだかちょっと寂しい気もする。。。そんな時は無印良品の収納グッズに頼りましょう♪無印良品の収納グッズの紹介はもちろん、収納術をご紹介します。

2016/06/27 更新
隠す収納なんてつまらない!!無印良品で”魅せる”収納術

「収納は隠すもの」なんて思っていませんか?きちんと片づけられたシンプルなお部屋もいいけれど、なんだかちょっと寂しい気もする。。。そんなときは無印良品の収納グッズがおすすめです。隠したいモノは隠して、見せたいモノはどんどん見せていきましょう♪無印良品の収納家具やグッズの紹介はもちろん、収納術をご紹介します。

備え付け家具風”魅せる”収納家具

リビング編

スタッキングシェルフという商品。正方形グリッドを使った組み合わせで、壁面につければ収納してあるモノもお部屋のアクセントになります。正方形だけではなく、長方形を組み合わせることでリズムが生まれます。隠したいところには引き出しを付けたり扉を付けたりと、自分だけのオリジナル家具を作れるというのも魅力的ですね。


 

スタッキングシェルフならお部屋にできてしまった階段下などのデッドスペースにもこんなにおしゃれに対応してくれます。形を変えてもまとまり感が出るのがこちらの商品のいいところなのではないでしょうか。


 

広告

 

ワンルームなどの部屋数に限りがあるマンションやアパートにに住んでいる方におすすめなのがこちらの使い方。スタッキングシェルフはお部屋の間仕切りにも活用できるんです♪例えば一人読書を楽しんだり静かに仕事ができる落ち着いた書斎を作りたいけれど、部屋数が少なくて作れない、、、など部屋数にお悩みを抱えている方でも簡単にスペースを作ることができます。両方から使用することができ、抜け感なども自分で調節できるので、使い方次第でお部屋を広く見せることも◎


 

洋の空間にしか合わないのでは?と思われがちな無印良品の収納家具ですが、実は和の空間にもピッタリ合うんです。優しい木の色味なので、違和感なくどんなテイストのお部屋にもマッチします。


 

寝室編

無印良品の収納ベッドの特徴は、なんといっても収納力が抜群なこと。


ベッド下の収納だけではなく、専用の追加棚を使えば就寝前に読む本などを入れて置けるちょっとしたライブラリーになります。本に統一されたカバーや逆にカラフルなカバーを付ければお部屋のアクセントにもなりますね。


 

ベッド付近に「壁に付けられる家具」を使用して絵葉書や写真を立てかけるだけでもぐっとセンス良くなります。


 

クローゼット編

ワードローブってクローゼットの中や箪笥の中に隠しがちですよね。外に出すとほこりが気になるのもありますし、仕方のないことですが、「今日は何着ていこう」と見渡した時になんとなくワクワクしない、、、。こちらはパイン材ユニットシェルフを使用し、コートなどの上着はハンガーにかけることもでき、洋服やバッグが一目でわかりやすく収納されています。収納がない場合にもカバーを付ければほこりも避けてくれますし、何より箪笥に入れるよりもパッと見でわかりやすく収納されているので、コーディネートを考えやすくなります。


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?収納は隠すだけが収納ではありません。センスあるお気に入りのモノや洋服を隠してちゃもったいない!これからはどんどん”魅せて”行く時代です♪

 

こちらもおすすめ☆

 

シェアしよう!