優しい空間作りませんか?吊るすだけでできるドライフラワーで素敵な空間作り☆

素敵な花をもらったらずっと大事に取っておきたくなりますよね。ぜひドライフラワーにしてみませんか?せっかくのお花を長く楽しみましょう。

2016/06/16 更新
優しい空間作りませんか?吊るすだけでできるドライフラワーで素敵な空間作り☆

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

自然に作るドライフラワー

ドライフラワーは薬剤につけて作る方法などもありますが、1番簡単で自然な方法はただ吊るすだけ!1週間から2週間で出来上がります。花が重ならないように小分けにした方が乾燥しやすいです。風通しの良い場所に吊るしましょう。


 

広告

 

ドライフラワーを吊るして飾る

窓辺に吊るしてだんだん乾燥していく様子を観察してみるのもいいですね。風通しがいい場所なので上手くドライフラワーになってくれるでしょうね。


 

インテリアにすることを意識しながら、バランスよく柱に飾ってみましょう。真っ白な柱に優しい風合いのドライフラワーが素敵なインテリアになります。ブリキのプレートなど他の雑貨と一緒に飾ってアンティークな雰囲気にすることもできますよ。


 

束をまとめるときに、英字新聞などで包んで、リボンのようにレースの布を結ぶとお洒落になりますよ。ドライフラワーの風合いと合わせて、リボンは光沢のあるものではなく、くしゃっとした雰囲気のレースなどがしっくりきますよ。ちょっとしたアイテムを加えることでグッとインテリア性が高まります。


 

麻ヒモに木製クリップではさんで吊るしています。少量ずつならクリップでも十分ですね。さりげない感じがいいです。麻ひもを張るだけでいいので、どこでも気軽に飾ることができます。


 

お庭の木を剪定したときの枝を使って、ドライフラワーを飾っています。ずらりと並べるとナチュラルな雰囲気がでて素敵です。様々な種類の植物をドライフラワーにしてコレクションのように並べて飾るのもおもしろいですね。自分で研究しながらドライフラワーにしていく楽しみもできますよ。


 

ドライフラワーのユニークな飾り方

図鑑のように丁寧に

1つずつ丁寧に名前を書いてディスプレイ。コレクションをしてだんだん増えていく楽しみができるし、見ている方も面白いですね。根気のいる作業かもしれませんが、細かいことが好きな人にはぴったり。


 

フラワーボックス

木箱を使ってフラワーボックスにしています。一種類ずつが箱に入っていて、まるで標本のよう。お洒落なインテリアになりますね。ドライフラワーだけでなく他のものにもこんなデコレーションができそう♡


 

密閉ジャーにいれて飾ります。ジャーの中にどの花を組み合わせ入れるか、どんな見せ方をするかを考えるのも楽しそう。瓶に入れるだけで、儚げな雰囲気がしますね。


 

壁に飾る

花の部分を下に向ける飾り方が多いですが、これは1つずつ上向きに丁寧にシンプルに飾られています。モダンでシックなインテリアなのでドライフラワーも色がついていない方がよくあいます。


 

 

ブーケ

ドライフラワーを使ったブーケです。壁に飾ったり置いたり。シャビーシックな雑貨と一緒に飾るのもアンティークな雰囲気がして素敵ですよ。


 

アンティーク

紫陽花をドライフラワーにしてアンティーク雑貨と一緒に飾ると素敵です。紫陽花はボリュームがあるのでインパクトがあります。


 

ラッピング

シンプルなラッピングにさりげない感じでドライフラワーを添えるのも素敵ですね。センスが問われるラッピングに、ぜひ使ってみて下さい。


 

バスケット

庭先や玄関などに、どっさりとラベンダーのドライフラワーを入れて飾るのはいかがですか?ふんわり香るラベンダーが癒してくれます。


 

まとめ

花の楽しみ方はたくさんありますね。そのうちの1つ、ドライフラワーは簡単に作ることができて、お洒落なインテリアにもなります。アイデア次第で色々使えるドライフラワーをあなたなりの飾り方で楽しんでください。

シェアしよう!