使わずに持っていませんか?【ペイズリー柄のバンダナ】リメイクアイデア集めました

ファッションアイテムとしても便利なペイズリー柄のバンダナ。一枚くらい、タンスの奥で眠っていませんか?春夏の気分にぴったりな、リメイクのアイデアを集めました。

2016/06/16 更新
著者:
使わずに持っていませんか?【ペイズリー柄のバンダナ】リメイクアイデア集めました

ペイスリー柄のバンダナ、お家にありませんか?

バンダナといえば一番に思い浮かぶペイズリー柄。ハンカチのように便利に使えるから、お弁当包みにしたりするのはもちろん、首元や手首に巻いたり、バッグにちょっと結んだりと、ファッションアイテムとしても定番になっています。


 

使わないなら、DIYしてみませんか?

そんな便利なバンダナは、一枚は持っているという方がきっと多いアイテム。でも、タンスの奥で眠っていませんか?そんな時は、引っ張り出してそのまま活用するのもいいけれど、DIYしてみるのもひとつの方法。ぐっと使える、お気に入りのアイテムに変身してくれるかもしれませんよ。


 

広告

 

バンダナリメイク アイデア集

特に春夏の爽やかなシーズンに似合うペイズリー柄。バンダナなら気軽にDIYにチャレンジして、毎日の暮らしに取り入れることができます。そんな時の参考になりそうなアイデア画像を集めてみました。


 

巾着、ナップサック

そのままの大きさを生かして、こんな巾着袋も素敵。そのまま紐を伸ばして、ナップサックにしても良さそう。直線縫いだけでできる簡単ソーイングだから、気軽にチャレンジできますね。


 

ポーチ

布で作れる小物の中でも、いくつあっても便利なポーチ。こんなポーチを持って海にお出かけなんていうのも素敵ですね。柄が綺麗に見えるところを探して、位置取りや折り方を考えるのも楽しそうです。


 

トートバッグ

持ち手をつけて、こんなトートバッグに仕立てるのもおしゃれ。こんな風にパイピングで補強しておけば、丈夫に使えますね。くたっとしたラフな風合いが、なんともいえないいい味わいです。


 

クッションカバー①

こちらも正方形のかたちを活かしたクッションカバー。4つの辺を縫い合わせるだけで完成です。裏表で番う色をつなぎ合わせれば、リバーシブルで使えます。色合わせも楽しみのひとつですね。


 

クッションカバー②

少し小さめのクッションや、シートクッションのような薄いタイプなら、こんな風に結ぶだけのアレンジも。針と糸を使わないから、不器用さんでもすぐにチャレンジできますね。一時的な汚れ防止のカバーとしても使えそうなアイデアです。


 

テーブルクロス

複数枚をつなぎ合わせて、テーブルクロスに。赤、青、白の配色がカラフルかつ爽やか、カジュアルなガーデンパーティーやバーベキューなどの風景にぴったりですね。


 

レジャーシート

こちらは、中綿と裏地を縫い合わせて作るレジャーシート。元気な雰囲気で、ピクニックも一層楽しめそうですね。屋外だけでなく、キッズルームなどのラグ代わりにするのもいいかも。


 

カーテン、タペストリー

こちらは吊るして、カーテンやタペストリーとして使うアイデア。光に透ける感じが涼しげで、夏のインテリアにぴったりの風景ですね。自分好みの色をチョイスして、大きさも自由に作れるのが魅力です。


 

三角フラッグ①

パーティーなどの演出に欠かせない三角フラッグのバナー。まずこちらは、三角に小さくカットしたバンダナを、結んでつなげていく簡単バナーです。お子さんと一緒に作るのも楽しそう。


 

三角フラッグ②

こちらはロープに貼り付けるアイデア。グルーガンやボンドを使って接着します。画像のようにランダムなカラーにしたり、同じ色で統一したりして表情の違いを楽しむのもいいですね。


 

リース

リング状の土台に、細長くカットしたバンダナをキュッと結んでいくだけの簡単リース。お花のリースも素敵だけれど、時にはこんなのも素敵ですね。お玄関などに飾ったら、夏らしさを感じられるおもてなしができそう。


 

ラッピング

ラッピングに使うのも気が利いたアイデアの一つ。包む役割を終えた後も捨てずに使えるアイテムは、それだけでなんだか嬉しくなりますよね。


 

気軽にチャレンジ!

アレンジ次第でアイデアが無限に広がるバンダナのDIY。使わないで持っている方はもちろん、100円ショップなどでも手軽に手に入れられるから気軽にチャレンジできますね。春夏の爽やかなで元気な雰囲気を盛り上げてくれるアイテム、一つ取り入れるだけで気分も上がるかもしれませんよ。


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!