独特のやさしい質感を感じて欲しい!テラコッタタイルのある暮らし

ヨーロッパの家でもっとも多く使われる事の多い「テラコッタタイル」は素焼きのタイルだからこその焼きむらや質感が特徴です。洋風のインテリアを目指すなら是非とも取り込みたいアイテムですね。

2016/06/14更新
独特のやさしい質感を感じて欲しい!テラコッタタイルのある暮らし

ヨーロッパの家でもっとも多く使われる事の多い「テラコッタタイル」は素焼きのタイルだからこその焼きむらや質感が特徴です。洋風のインテリアを目指すなら是非とも取り込みたいアイテムですね。

素焼きの暖かさ

テラコッタタイルは普通のタイルとは違い、イタリア語で「焼いた土」と意味するテラコッタそのままに形成した土から素焼きして作られています。素焼きすることで自然な色合いになり、空気孔が沢山空いているので独特の質感があるのです。


 

広告

 

キッチン

こちらのキッチンは、床一面にテラコッタタイルが敷き詰められています。イタリアなどのヨーロッパでは水回りにこんな風にテラコッタタイルを使う事がよくあります。目地を極力作らないことで一枚一枚、微妙に違う色味を楽しむことが出来ますね。


 

こちらは長方形のテラコッタタイルを敷き詰めています。湿気の少ないヨーロッパでは空気穴がたくさん開いているため通気性の高いこのタイルを使っても、それほど水シミを気にしなくて良いためこんな風に愛用されるそうです。


 

こちらは床一面をヘリボーン風にテラコッタタイルが敷き詰められています。テラコッタタイルは目地を大きめに作ってあげるとサイズ調整もしやすく、表情も変わるので色んな楽しみ方をすることができますよ。


 

こちらは大小の四角と六角形のテラコッタタイルを上手に使って床一面に敷き詰められています。そのまま使うと水汚れがしやすいテラコッタタイルですが、ワックスなどの保護コートを塗ってあげると艶が出てまた違う魅力を感じることが出来ます。


 

バスルーム

こちらはシャワールームの横のスペースにテラコッタタイルが敷き詰められています。テラコッタタイルの目地は漆喰やホワイトセメントなど白いものを使う事が多いですが、グレーにしてあげると汚れが目立ちにくく落ち着いた雰囲気になりますね。


 

こちらは六角形のテラコッタタイルがバスルームの床に敷き詰められています。素焼きのため吸水性が高く水染みができやすいテラコッタタイルですが、味と思えばアンティーク風の魅力をもったバスルームを演出してくれるアイテムになります。


 

こちらはシャワールームの壁にテラコッタタイルが貼り巡らされています。ニッチ部分にもテラコッタタイルが貼られてあり、ポイントにイタリアンタイルが使われていて、細やかなこだわりと暖かな雰囲気が伝わってきます。


 

トイレ

こちらはおトイレの床にテラコッタタイルが敷き詰められています。スタンダードな正方形のタイルがとても落ち着いた雰囲気を与えてくれますよね。また、床との部分のしきりにモザイクのランタンタイルが貼られていてとてもおしゃれです。


 

こちらは小ぶりの正方形のテラコッタタイルを敷き詰めたおトイレです。日本のテラコッタのイメージはやっぱりこの正方形ですよね。ポイントの入ったテラコッタタイルと組み合わせることで単調にならない工夫がされています。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ