収納以上のポテンシャル発見!「イケア TROFAST」の使い方を調べてみました♪

子ども部屋にTORFAST。イケアの定番収納家具ですが、ステップ型はさらにいろいろな応用が利く上級者向けアイテムです。

2016/06/13 更新
収納以上のポテンシャル発見!「イケア TROFAST」の使い方を調べてみました♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

イケア「TROFAST」といえば…

側板に付いた溝にプラスチックのバスケットのミミを入れてスライドさせる、世界中で愛されている収納システムですよね。一般的にはこのタイプを思い浮かべます…。


 

広告

 

レイアウトは自由自在

バスケットのサイズを変えたり、横に並べて収納量をUPさせたり、棚板を入れたり。使う人の用途や好みに寄り添ってくれる汎用性の高さ。アレンジやリメイクを加えやすい価格とシンプルさに特徴があります。


 

今回はこちら

ステップ型になってる!これどんな使い方をするか気になりますね!調べてみると、実にいろいろな使われ方をしているんです。


 

組み合わせ

逆ピラミッド

逆ピラミッド型に並べるだけで、中央にベンチシート、左右に肘掛。ちょっと贅沢な子供用ベンチになってしまいます。


 

逆ピラミッド+板を渡して

棚板を渡せば、収納の間に作業スペースができちゃったり。これは是非真似してみたいですね~とても簡単に、わずかな予算で作れちゃいます。


 

逆ピラミッド:とことん使う

ステップ型のTROFASTは、プラスチックのケース込みで¥10000前後。棚板を加えてもかなりリーズナブルにデスクスペース+収納が作れることがわかります。


 

ピラミッド型

次はピラミッド型。ケースの配色でインテリアを豊かにしてみるのも一興ですね~。


 

ピラミッド型:バイカラー

白×黒のスタイリッシュなモノトーンコーディネート。左右対称のピラミッド型だからこそおしゃれに見えるのかも♪


ピラミッド型:間仕切収納に

壁につけて使うのではなく、間仕切りとしても優秀です。山形になっているので、ふんわりとした柔らかい仕切り方になりますね。


 

 

階段系

ステップ型になっているTROFASTならではの、室内階段としての使い方。実にクレバー。海外では手すりなどを加えて、安全確保かつDIYを楽しむ方が多いようです。


 

置く場所を工夫するという手も

ステップ型だからこそ、階段の下にだっておくことができる。主張するのではなく、今ある形の中で生かせる場所を受け入れる。そんな使い方もありました。


 

おわりに

いかがでしたか?収納然としたボックス型とは違い、ステップ型は使い手の創意工夫で化ける大器晩成型の家具といえるかもしれませんね。収納だけじゃなく、階段やベンチになったりと、まさに七変化です。カラーバージョンと、ウッドバージョンに分かれていますので、好みのものを探してみてください。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!