玩具の定番中の定番!LEGOの収納方法のイロハを紹介します♪

子どものおもちゃの定番、レゴブロックの収納方法にはいろいろな種類があるんです。持っている量や片付けのしやすさ、インテリアとの相性を踏まえて選んでみてください。

2016/06/16 更新
玩具の定番中の定番!LEGOの収納方法のイロハを紹介します♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

レゴ楽しい!子どもが夢中になって遊べる玩具の定番中の定番です。そんなレゴの収納事情ってどうなっているのでしょう?海外で大人気のプレイマットをはじめとして、いろいろなタイプの賢い収納アイデアを紹介します。

欧米で大人気のレゴマット

こんな便利なレゴマットがあったんですね!サークル上に広がって、「ここで遊んでね」といいやすいスペーシングがなされます。床に散らかるのと違って、どこにレゴがあるか一目瞭然なので、子どもだけでも片付けやすいといわれています。


 

広告

 

収納もラクチン

レゴマットの凄いところはそれだけではありません、もうひとつ、それは「収納方法」です。レゴマットの周囲に通った紐をキュッと閉じるだけで、この通りレゴを収容するストレージになってしまうんです。これならいちいち拾う手間もなく、一瞬で片付けられます。すなわち、子どもが遊べる時間も長くなって、WINWINな関係になりますね!

レゴマット以外の収納テクニック

みなさんレゴの収納には工夫の余念がないようです。レゴマット意外にも、暮らしの中で見かけるさまざまなモノを収納に活かしています。

 

分類するならジップロック

シリーズモノも多いレゴブロック。最近ではスターウォーズシリーズなども存在します。ジップロックできちんと分類することで、持っている種類や数をきちんと把握できるので、フィグ(レゴの人形)をたくさんお持ちの方は是非お試しください。


 

ウォールポケットタイプ

壁に引っ掛けて使うウォールポケットタイプも、レゴの収納に便利。ポケットの放り込んでいくだけなので、小さいお子さんにも片づけしやすく、またクリアな素材ならどこに何があるかも一目瞭然。


 

ファイルケース

100均でも売られている、ファスナー付きのファイルケースをレゴの収納に転用♪オフィス用品は、結構おもちゃの収納に使えるものが多く、また子どもっぽくしたくない方にオススメ。半透明で中身も確認しやすいですね。


イケアの収納システム「TROFAST」

おなじみイケアの代表的な収納システム、TROFASTです。レゴの種類も量もどんどん増えて、子どものおもちゃのメインボリュームになっている…なんていう場合に検討してみましょう。


 

 

ラベルを付けて片付けしやすく

収納ボックスには、ラベルを付けることで片づけを促す効果があります。お子さんが直感的に把握できるように、色を合わせたり、サイン表示にしたりと、親としての工夫のしどころです。


 

ガラスキャニスターに

カラフルなキャンディでもはいっていたのかな?と思わせてくれるキャニスター×レゴブロックの意外なコンビネーション。ディスプレイとしても使えるようにしてきたい場合にトライしてみましょう。最近では梅酒用のプラスチックキャニスターもあり、お子さんでも扱えるタイプもありますね。


 

ベッド下は夢の空間

ベッド下の空間を忘れてはいませんよね!?ボックスにキャスターを付けるだけで、タップリとレゴをしまっておけるようになるんです。ちょっと他には置き場が見当たらない…という場合の裏技として頭の片隅に入れておきましょう。


 

フィグのディスプレイ

大事なレゴフィグ(人形)は、ディスプレイを兼ねておきたい~という場合の飾り方実例。額縁に一つ一つを丁寧に。無くさない工夫と、もはや作品とも言えるレゴワールドのインテリア化。それにしても、種類が増えましたね!


 

ディテールにもレゴを使う

もちろんフィグを乗せる台もレゴブロックで作っちゃいましょう。フィギュアを飾る感覚で、レゴを飾るなんて新鮮。一番手前はC3-POでしょうか…大人も楽しめるクオリティにできてますね!


 

おわりに

レゴのデフォルトのボックスもいいですが、インテリアにあわせて上手に収納できると気持ちよさが違ってきます。想像力を育ててくれるレゴブロック、長く愛用するためにも、きちんと収納できるようにしておきましょう。

シェアしよう!