ガーデニングを本格的に楽しむなら。【Guilloard(ギルアード)】社のブリキアイテム

「今年は本格的にガーデニングをやってみたい!」そんな方に知っておいて欲しい、【Guilloard(ギルアード)】社のブリキアイテムをご紹介。世界中のお花屋さんで愛用されているプロユースの道具に触れれば、気分も上がること間違いなしですよ。

2016/05/17更新
ガーデニングを本格的に楽しむなら。【Guilloard(ギルアード)】社のブリキアイテム

ガーデニングが楽しい季節♪

ガーデニングが楽しい季節、「今年は本格的にやってみたい!」そんな方は道具からこだわるのもいいですよね。今回は世界中のお花屋さんなどでも愛用されているアイテムをご紹介します。


 

広告

 

【Guilloard(ギルアード)】のガーデニングアイテム

今や本国フランスだけでなく、日本をはじめ世界中のフラワーショップで業務用として愛用されているという【Guilloard(ギルアード)】のガーデニングアイテム。丈夫で長持ち、優れた機能を持つブリキのアイテムたちが揃います。


 

【Guilloard(ギルアード)】とは

1911年創業、フランスの伝統あるガーデン用品メーカー【Guilloard(ギルアード)】社。ムダを一切省いた美しいデザインだけでなく、その製造にも強いこだわりを持っています。ブリキのアイテムは他社のものも数多くありますが、一度使うだけでそのレベルの高さがうかがえるほどだとか。


 

錆びないための白いサビ「溶解亜鉛メッキ加工」


溶解亜鉛メッキ加工(Hot Dip Galvanized)について
完成した製品を、約450度の高温で溶かした亜鉛に浸し、表面全てを溶解亜鉛でコーティングします。

この亜鉛メッキは防錆効果が非常に高く、また溶接部も一緒にコーティングされることで防水効果もさらに強化され、厚みも加工前より4倍も厚くなることから、約25年の長きに渡ってご使用いただける品質を作り出します。

http://lifetime-g.com/?pid=4875147

ギルアード社のアイテムが特に高く評価されるのは、製品ひとつひとつに職人の手で施される「溶解亜鉛メッキ加工」。ブリキって錆びるんじゃないの?という素朴な疑問も、これによって、周りの使用でも錆びにくく丈夫で長く使える事が実現しています。

 

使うほどにアンティークのような風合いに

出典:http://mimt.jp/


表面の光る模様は、亜鉛を冷やすときに自然に出来る模様で「フラワー」と呼ばれ、最初は光沢がありますが、使い込むほどに自然なくすみが生まれ、よりアンティークな風合いに変化します。

http://lifetime-g.com/?pid=4875147

新品のうちはピカピカとした光沢が目立つ印象ですが、使いこむうちに白くくすみ、アンティークのような風合いに変化していきます。育てていくのも楽しみになりそうなこの素材感、20年以上使われたものがフランスの蚤の市などで見かけられることもあるそうですよ。

 

佇まいも素敵♡暮らしに寄り添うラインアップ

ガーデニングにはもちろん、その丈夫さから暮らしの様々な場面で活躍してくれるギルアード社のアイテムたち。佇まいそのものも素敵なそのラインアップを見ていきましょう。


 

バケツ

まずは、お花屋さんなどでもよく見かけるフラワーバスケット。伝統的な両手持ちスタイルのバケツは、高さや大きさが種類豊富に展開されています。


 

お水を入れて使っても、サビで底抜けしちゃうなんて事はありません。毎日の使用に耐えうるからこそ、プロにも愛用される逸品です。お水を入れずに、ドライで大きな枝物などを飾ってもきっと素敵ですね。


 

背の高いものは、こんな風に傘立てや道具入れとして使われるケースも多いそう。いかにも”傘立て”という感じでなく、さりげなく置ける感じがなんとも言えないいい雰囲気です。


 

たらいのような浅いタイプも。土を入れたり、苗を入れて運んだり、お野菜を洗ったりするのにも便利そう。ざくざくっと道具を入れておいてもきっと様になりますね。


 

ジョーロ

ジョーロも大小揃っています。重たくて億劫になりがちな毎日のお水やりも、お気に入りの道具と一緒なら楽しみに変えてしまえます。持ちやすさやも抜群、使わないときもただ置いておくだけでヨーロッパのお庭みたいな雰囲気にうっとりです。


 

小さめサイズには、こんな風にお花を飾っても素敵です。立派な花器に飾るのもいいですが、無造作で気取らない感じも素敵ですよね。


 

ピッチャー

インテリアアイテムとしても素敵なピッチャー、海外の雑誌の中の風景などでよく見かけますよね。水差しとして使うのはもちろんですが、ぜひディスプレイして楽しみたいアイテムです。お花を刺したり、アイビーなどの垂れる観葉植物をさりげなくかけても素敵です。


 

本格派なら、道具にもこだわって

お気に入りの道具があれば、趣味の時間もより一層楽しめるもの。特に本格的に取り組みたい方は、こだわって選んでみませんか?プロユースの道具に触れれば、気分も上がること間違いありませんよ。


 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!