ワイヤーネットやメッシュワイヤーで【四角いワイヤーかご】をDIYしてみませんか?

収納のお役立ちアイテム、ワイヤーカゴ。大事なのはそのサイズ感ですが、お気に入りのものが見つからない時は、思い切ってDIYしてみませんか?ワイヤーネットやメッシュワイヤーを使えば、四角いカゴが簡単に作れます。基本の作り方と、そのアレンジをご紹介します。

2016/04/20 更新
ワイヤーネットやメッシュワイヤーで【四角いワイヤーかご】をDIYしてみませんか?

ワイヤーカゴをDIYしてみませんか?

収納のお役立ちアイテム、ワイヤーカゴ。大事なのはそのサイズ感ですが、お気に入りのものが見つからない時は、思い切ってDIYしてみませんか?


 

ワイヤーネット、メッシュワイヤーなら簡単

ワイヤーカゴといえば、1本のワイヤーを編んだりして作る方法が思い浮かびますが、初心者さんには少し敷居が高い印象ですよね。でも今回ご紹介するのは簡単、ワイヤーネットやメッシュワイヤーを使った四角いカゴの作り方と、そのアレンジです。


 

広告

 

基本の作り方

正方形のメッシュワイヤーなら、まるで紙で工作をするかのように簡単に四角いボックスを作ることができます。展開図のようにカットしたら、基本は曲げて組み立てるだけ。ワイヤーだから、まっすぐにカットするのもさほど難しくありません。


 

曲げる時は定規などを当てて

曲げる時は定規などのまっすぐなものを当てるとうまくいきます。机の角などに当ててもいいですね。材料は100円ショップのネットでもいいし、ホームセンターで測り売りしているものもおすすめ。硬さや強度を考慮して選びましょう。


 

つなぎ方①

側面のつなぎ方は大きく2通り。まずは余白を残して巻きつけていく方法。先端が鋭くならないように注意しましょう。少し手間ですが1マスずつ、2本の縦線を一度に巻くことでずれにくくなります。


 

つなぎ方②

こちらは別のワイヤーでくるくると巻いていく方法。こちらは切れ端が少なく済む分サクサク作業を進められますが、しっかり引き締めないと全体が歪みやすくなります。縦横のラインにしっかりと絡めることを意識しましょう。


 

自分好みのサイズで作ろう!アレンジいろいろ

自分で手作りすると、使いたい場所や入れたいものに合わせてサイズを自由に変えられるのが嬉しいですよね。サイズはもちろん、設置場所や使い方も自由に楽しめるワイヤーカゴ、そのアレンジの数々を見ていきましょう。


 

シンプルなシルバー

シルバーの無骨な感じを活かしたシンプルなカゴ。ブリキ缶との相性も良く、男前風インテリアにぴったりですね。上端もしっかり処理されています。


 

大きめのカゴも

購入するとなると値が張ってしまいがちな大きめのカゴも、手作りならコストを抑えられます。特に軽いものの収納なら、強度もさほど必要としないからチャレンジしてみる価値がありますよね。格子のボックスは整った印象を与えてくれます。


 

ちょっとしたスペースにも、ぴったりサイズで

キッチンや洗面周りのちょっとしたスペースにも、ぴったりサイズのカゴが作れると有効活用できます。市販のもので合うものが見つからない時には真似したいアイデアです。


 

ハンドルをつけても素敵

こんな風に、革のハンドルをつけても素敵ですね。ワイヤーだから取り付けも簡単です。小さめのカゴなら、贈り物を詰めてラッピングの材料として使うのおおすすめ。


 

大きさ違いで作っても◎

デスク周りの整理整頓にも、自分好みのぴったりサイズでカゴを作ればとてもすっきり。中身が見えるから、探し物も減りそうですね。大きさ違いでいくつも作りたくなってしまいそうです。


 

収納に困った時の解決方法のひとつに。

いろんな場所で活躍してくれるワイヤーカゴ。小さいものなら、すぐに挑戦することができそうです。ご紹介した他にも応用範囲は様々、重たいものを入れないならかなり自由に楽しめます。収納に困った時は、解決方法の一つとしてぜひ思い出してみてくださいね。


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ