喉に良い「タイム」を活用!フランス人のようなハーブの使い方を学ぼう☆

フランス人の生活にハーブは欠かせません。その中でもタイムはハーブの中で一番殺菌効果や抗ウィルス効果が高いと言われ、喉に良いので風邪予防などによく使われます。そんなタイムの活用法をご紹介します。

2016/04/08更新
喉に良い「タイム」を活用!フランス人のようなハーブの使い方を学ぼう☆

フランス人のようにタイムを活用しよう!

タイムはハーブの中で一番殺菌効果や抗ウィルス効果が高いと言われ、古くからヨーロッパでは風邪の予防に使われてきました。心身の疲労回復や抑うつなど広く病気予防に役立つのでフランスの家庭ではよく使われます。そんなタイムの活用法をご紹介します。


 

広告

 

喉に良い使い方

去痰作用や鎮痙作用により気管支炎やぜんそくの症状緩和にも役立つと言われています。ハーブティーをうがい薬の代わりに使う人もいるようです。フランス人は喉風邪をひくとよくタイムのハーブティーを飲みます。


 

はちみつも喉によいので、タイムのはちみつ漬けもおすすめです。ハーブのはちみつ漬けはさまざまな料理に応用可能なので常備しておくことをおすすめします。


 

タイムのビネガーも風邪予防におすすめです。酢でうがいをする人もいますし、フランスでは料理にもたくさん使います。


 

タイムのカクテルも美味しくて人気があります。コールドドリンクは喉がすーっとして気持ちよいのでタイムを使ったコールドドリンクのレシピもたくさん覚えておきたいですね。


 

エルダーフラワーも風邪予防に使われてきたのでタイムとミックスしたドリンクがおすすめです。エルダーフラワーのシロップがあればホットドリンクもコールドドリンクも簡単に作れておすすめです。リキュールも美味いですよ。


 

タイムの活用法

庭からつんで置いておくだけでもよい香りが楽しめます。乾燥させればいつでも使えるので常備しておきたいですね。いつでもタイムティーが楽しめます。


 

タイムウォーターには抗菌・防臭の作用があります。肌の保湿に使う以外にも口臭予防のマウスウォッシュにしたりとさまざまな活用法がありますので、用途に合わせてレシピを考えましょう。


 

花も咲き見た目にもかわいいので鉢植を置くだけでも素敵です。ハーブのブーケにして飾るのもよいですし、飾りとしてどんどんインテリアに取り入れていきたいですね。


 

アンティークシルバーのボウルに飾るのもおしゃれです。シルバーのボウルはハーブをそのまま植えてもつんだものを置いておいても乾燥させたものを入れておくのにもよいですしさまざまな用途に使えますので、フランスの田舎の家には必ずあります。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ