キッチンの壁を魔法に掛ける♪マグネットを使った収納&ディスプレイ

キッチン前の壁は棚ですか、キッチンバーですか?マグネットを使って収納とディスプレイに、ちょっとした魔法を掛けてみましょう。

2016/03/23更新
キッチンの壁を魔法に掛ける♪マグネットを使った収納&ディスプレイ

キッチンの壁を魔法に掛ける♪マグネットを使った収納&ディスプレイ

キッチンは毎日忙しく働らく人にとっおいても、キッチンで多くの時間を過ごす人にとっても、タフに使い込んでいるワークプレースです。キレイ=生活感を無くすと収納が増える分、ツールの出し入れが煩雑になりますし、使いやすく=ツールの種類の多さにキッチン前の壁がごちゃごちゃとしてしまう。このハザマで良いバランスが見出せなくなるというケースも多いのではないでしょうか。そんな状況に一石を投じる、マグネットを使った収納&ディスプレイのアイデアを紹介します。

 

ナイフを壁面に

まるで壁に魔法を掛けたかのようにすらりと並んだナイフ。包丁を使わない日はないですし、取り出しやすいカウンター前に設置しておけば、サッと手にとってしまうのも簡単。ナイフの水の切れもいいですし、お子さんの手のどとかない場所に置いて置けるので安全性も高いです。


 

広告

 

木の板を使ってDIY

ナイフが木の板にピタッと付いているような、これぞ魔法と思しきナイフディスプレイ。DIYで作ることもできるので、お気に入りのむく板を見つけたら是非このネタを思い出してみてください。


 

DIYマグネットラックの作り方

画像のように無垢板にルーターで穴を開けて、強力な磁石をはめ込んでいけばできあがり。マグネットバーの無機質な感じがキッチンに合わない場合はこの方法がいいですね。加工ができない場合は、ホームセンターなどで加工してもらいましょう。


 

できあがり

引っ掛けるのでもなく、棚の上におくのでもなく、壁に吸い付いている、という状態がとてもスタイリッシュさを演出してくれます。無垢板の安らぎある表情も、キッチンの壁には必要な癒しの要素ですね。


 

スパイスラック

スパイスを透明なケースに入れ、マグネットでキッチンの壁にディスプレイしたものです。色とりどりの香辛料が壁面に美しく並ぶサマは、まるでアートのようです。ボトルに入れて棚に並べておくと結構場所を取ってしまう…そんな悩みの解決にも役立ちます。


 

作り方は結構単純

難しそうに見えて、結構仕組みは単純。マグネットをスパイスを入れた容器の底に貼り付け、マグネッドボードにピタッと付けるだけです。小さなものであれば、明日からでも魔法のスパイスウォールが楽しめますよ。遊びに来たお友達にもきっとほめて貰えるはずです!


 

黒板をつかって遊び心をプラス

マグネットボードの代わりに黒板(チョークボード)を使うとディスプレイの幅も広がります。スパイス名を手書きでデザインするの、とてもオシャレですね!


 

ボトルの底を見せる

ボトルの蓋が不透明であれば、底の部分を見せてスパイスの彩をアピールするという手も。六角形のボトルを生かして、幾何学的なパターンを作っているのもとても上手です!


 

おわりに

ちょっと思っても見なかった使い方をすることで、キッチン前の壁が素敵な状態になるんですね。小さな面積からでもトライできますので、ディスプレイにちょっとした変化がほしいな~と思ったら試してみてください。

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。