西海岸好きは要チェック!人気インテリアショップ「WTW」のおすすめ家具8選&コーデ集♡

「WTW(ダブルティー)」は西海岸インテリアをわかりやすく解釈する、そんなインテリアショップです。都会的で自然体。そんな両極を楽しむライフスタイルを提案しています。 WTWインテリアを西海岸テイストのリビング実例をまじえながらご紹介しています。

2016/02/25更新
西海岸好きは要チェック!人気インテリアショップ「WTW」のおすすめ家具8選&コーデ集♡

「WTW(ダブルティー)」というインテリアショップをご存知でしょうか。

西海岸インテリアとライフスタイルを、たいへんわかりやすく解釈して提案しているインテリアショップです。

「WTW(ダブルティー)」とは、「Waiting for The Wave」すなわち❝波待ち❞の頭文字といういかにもカリフォルニアっぽい店名。そのコンセプトは「URBAN. SURF. NATURAL.」で、都会的(URBAN)で自然体(NATURAL)なビーチスタイル(SURF)。というわけで、両極のライフスタイルを楽しんでしまおうという現代人のスタイルを提案しているのです。

 


 

店内も西海岸スタイルのリビングやベッドルームなどを具体的にイメージして作られています。西海岸インテリアにしてみたいけど、何から始めていいかわからないという方にぜひ訪れていただきたい参考になるショップです♡リビング実例をまじえながら、「WTW」のインテリアと西海岸テイストについてご紹介しています。ご参考いただけましたら幸いです。


 

※次の2記事もよろしければご覧ください♡

 

広告

 

①WTWのソファ☆

大人気のデニムソファ

2人がけ

西海岸テイストでも大人気のデニムソファです。WTWを代表するアイテムのひとつ。有名なリーバイスの生地を請け負う、コーンミルズ社に生地を発注しているため、エイジング+ウォッシュ加工に優れ、買ったそのときから使い込まれてなじむ風合いを出せています。ふっくらしたクッションで座り心地も抜群。


 

そこにあるだけで、潮風が吹いてくる感じがしますね。


 

1人がけ

こちらは1人がけ。ひとりゆったり掛ける心地がとても良さそうですね。アームをはじめ、フレームの角のなめらかさにもこだわっています。触ったときの感触のために柔らかい丸みが付けられているのです。ぶつかっても安心です。


 

レザーソファ

デニムソファと同じく人気者のWTWのレザーソファ。使いこむほどに味わいが増す生地だそう。ヴィンテージ感にもこだわり使い始めからテラッとせずしっくりくる風合いになってます。時間でさらに深みが出る楽しみなレザーです。西海岸ふう代表的ソファのひとつにあげられるレザー素材。一脚をデニム×一脚をレザーの組みあわせも楽しいですね。


 

こちらは1人がけです。このレザークッションのふんわり感、座ったら立ち上がれないかも☆


 

②WTWのテーブル☆

APERTO DINING TABLE/アカシア材製・ウォールナット材製

こちらはWTWのダイニングテーブルです。西海岸テイストの木製インテリアは南国風に濃いブラウンになるのが特徴。こちらは新色のウォールナット。次の写真はアカシアです。どちらも経年変化でこっくりした色合いに。


 

濃い色目が圧迫感を生まないよう、天板は厚すぎず、またスレンダーにする工夫がされています。向かい合ったとき距離を生まないテーブルなのです。椅子とテーブル高も低く設定され、クッションもとても座り心地が良いそうです。食事は背筋をぴんと伸ばしていては楽しめませんよね。ゆっくり食事できるテーブルです。広がったH型の脚部もかしこまらない自由なビーチスタイルを感じさせます☆


 

こちらはアカシアです。どちらも経年変化でこっくりした色合いになっていくそう。使いこんでいくのが楽しみなテーブルです。


 

Mavericks Coffee Table

こちらのセンターテーブルはWTWで定番人気の「Mavericks Coffee Table」です。シルバーの輝きはアルミ材によるもの。汚れても拭きやすいですね。マホガニー材製の脚部のもようは時間とともにくっきり美しく際立つそう。いかにも温暖な沿岸部のリビングという光景です。


 

「Mavericks」のシリーズには Coffee Tableより小さい「サイドテーブル」も。よく種類がバラバラになりがちですが、そろっていると統一感が出ます。


 

こちらは大小のテーブルがそろっています。WTWで埋まった実際のお宅のリビング、IKEAのブルーのワゴン以外はほぼWTWです。古材ふうの壁紙や、濃いブラウンのブラインドなどで、さらに西海岸テイストに統一されています☆


1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!