決め手は「BLACK」☆スタイリッシュでカッコいいワークスペース12選

カッコいいワークスペースなら作業もはかどること間違いなし!妥協はせずに「黒」にこだわったスタイリッシュなワークスペースをご紹介します。ぜひインテリアの参考にしてみてください。

2016/07/03 更新
決め手は「BLACK」☆スタイリッシュでカッコいいワークスペース12選

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

「黒」で作るスタイリッシュなワークスペース

真っ黒でとてもシンプルなワークスペースです。右スペースの飾り棚は家具ではなく板をたてかけているだけなので、場所もとらずに簡単に移動もできるのでお洒落なだけでなく、便利なインテリアですね。


 

広告

 

白い床に白い壁、家具なども白で統一された部屋の中で唯一黒の椅子が大きな存在感をだしています。お値段が張っても確かなブランドの椅子をチョイスすることも時には必要かもしれません。


 

注目したいのは壁に貼られた雑誌の切り抜き写真です。押しピンだと壁に穴があいてしまうし、セロテープだとお洒落感がないように思うけれど、黒のテープにするとラフに貼ってもこんなにお洒落に仕上がります。モノクロインテリアの場合はとてもいいかも。


 

黒と白のストライプのラグが印象的なワークスペースです。これくらいにぎやかな雰囲気の方が作業がはかどるかもしれませんね。照明はシンプルに。


 

たくさんのモノクロ写真が貼られています。好きな写真だったり、作業をするうえで参考にしたいものだったり、目標にしていることだったり。飾る写真は自分のモチベーションをあげてくれるようなものがいいですね。


 

黒と白のいろいろな模様がまじりあったにぎやかな作業スペースです。好きだと思うものをインスピレーションでどんどん飾り付けていったような、遊び心を感じる楽しいインテリアです。


 

壁に飾られた、木の板と羽。本人にしかわからないこだわりかもしれません。よくわからなくてもいいんだと思います。自分が好きなものでインテリアを楽しむことが大事です。ふんわりした雰囲気の中、黒の椅子と黒の花器がお洒落に引き締めます。


 

壁と椅子の質感がマットで美しい黒のワークスペース。勉強や作業をする場所なのでキラキラした黒よりもマットな黒のほうがあうのかもしれませんね。


 

急きょ取り付けたかのような簡易的な作業テーブルに、飾り気のない素朴な椅子。家具類をきらびやかに飾り立てずにシンプルにすることで作業に必要なインスピレーションを生み出しているかのような部屋です。モノクロのポスターがアーティスティックで素敵です。


 

黒い椅子に白いファーが置かれているものはよく目にしますが、逆パーターンは斬新にうつります。白いメッシュの椅子に黒のファーが置かれています。このファーがあるかないかで部屋の印象は変わります。


 

ポイント的に黒を取り入れたインテリアですね。黒のフレームが存在感をだしています。その上のガーランドで少しポップな雰囲気に。


 

こんなに狭い場所でも黒メインのカッコいい作業スペースを確保できるんですね。細長いアートフレームを飾ることで縦の空間を広く見せ、椅子にかけられたグレーのファーで柔らかい印象をだしています。


 

海外のお洒落な作業スペースはいかがでしたか?真似ができそうなものは見つかりましたか?いいなと思ったら、まずは真似をしてみましょう。やっているうちに自分なりの素敵なインテリアがきっと作れるはずです。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!