イケアのデスク「MICKE / ミッケ」が使える!アレンジ&コーディネート集♪

イケアのデスクシリーズ、MICKE(ミッケ)のアレンジ方法やコーディネートの仕方を紹介しています。オフィス仕様だけじゃない、汎用性の高いデザインに注目です。

2016/03/10 更新
イケアのデスク「MICKE / ミッケ」が使える!アレンジ&コーディネート集♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

最近では自宅で仕事をしたり、ちょっとした作業をこなす人も増えてきているのではないでしょうか。そんなときに注目して☆良いのがイケアのデスクです。クセがなく汎用性のあるアイテムは、リメイクするにも、自宅のインテリアにあわせてコーディネートするにもピッタリです。どんな商品をどんな風にリメイクする?どんな風にコーディネートしたら良い?ヒントになりそうなアイデアを集めてみました。

イケア『MICKE』ワークステーション

高さ140cmのワークステーションタイプは、バックパネルがマグネット式になっている便利な仕様。シンプルで飽きの来ないデザインなので、これは好みのスタイルにリメイクしてね!ということでしょうか?


 

広告

 

デ・スティル風にリメイク

フレームを黒に、面をカラフルに塗り分ければオランダ発「デ・スティル」風のデスクにはや代わり。ペイントでも、カッティングシートでもできる簡単でオシャレなリメイクです。


 

一番シンプルなのはこのタイプ

白いフレームにサイドキャビネットの付いたタイプ。フレームと面には幾つかのカラー/マテリアルバリエーションがあって、好みのものを選びやすいです。定価9990¥とプチプライスなのも嬉しいポイント。


 

「地」としてもコーディネートできる!

ホワイトのデスクに、カラーテーマのある小物やアイテムを選んだビビッドなコーディネート。こんな風にクセのないデスクを、インテリアの「地」として使うのも面白いかも。


 

ドレッシングスペースに

オフィス使いだけじゃなく、こんな風にドレッシングスペースとしてもコーディネートできます。もともとPC用にコードを引く孔が空いているので、画像のように照明をつけるのも簡単です。


 

PCデスクに

鉄板ともいえるPCデスク。無駄がなく、どのようなインテリアにもあわせることができるので、インテリア>デスクという優先順位のときにオススメかも。


 

挿し色利かせのコーディネート

ピンク/ホワイトのデスクにあわせて、デスク回りにもピンクのラインを誂えたコーディネート。周囲のインテリアとデスクが共鳴して、スタイルのあるデスクスペースが生まれています。


 

二人掛けならこのタイプ

ワイド142cmと二人で使える汎用性デスク。ドロワーが左右に一つずつ付いているので、小物の収納も安心です。フレーム、面材共にブラック/ホワイトのみの展開で、12990¥。


 

自宅のオフィス/ホームワークスペースに

二人掛けをゆったりとつかったレイアウト。下に追加でキャスターを入れたり、間にキャビネットを挟んだり、システマチックに組めるのもイケアの強み。お子さんと共用で使って、コミュニケーションの場にもできるのが良いですね。


 

おわりに

イケアの「MICKE」いかがでしたか?シンプルだからこそ、その後のパーソナライズが個々にゆだねられている感じ、これがイケアの醍醐味ではないでしょうか。これをヒントに、自宅のインテリアにぴったりの使い方を探してみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!