増えていくアクセサリーってどうしてる?賢い収納テクニックはコレ♪

細かくて小さいアクセサリーの収納ってゴチャゴチャしがち。そんな悩みを解消する、「縦」方向の収納&ディスプレイを紹介しています。

2016/02/24更新
増えていくアクセサリーってどうしてる?賢い収納テクニックはコレ♪

気がつくと段々増えていくアクセサリー。モノが小さいし扱いにくく、引き出し+仕切りでの収納には限界を感じている人も多いのではないでしょうか?そんな時注目して欲しいのが、「縦」に収納するテクニックです。さまざまなアイテムが使えるので、自分のお気に入りを見つけてみてください。

突っ張り棒

100均ショップでも手に入るツッパリ棒がアクセサリー収納に使えるって知ってました?こんな風に縦横に張り巡らして置けば、S字フックを生かして縦に伸びる収納&ディスプレイになるんです。サイズ違いやアイテムの種類にも対応しやすいのでオススメです。


 

広告

 

木箱リメイク

木箱は100均ショップに売っているものにペイントを施してリメイクするのがオススメ!木でできているので、お持ちのジュエリーに合わせて好きなところにフックを取り付けられるのが魅力的です。壁掛け&トレーのダブル使いでいろいろな種類に対応できるものGOOD!


 

有孔

壁系のアイデアでは、アクセサリーの無類のサイズに対応可能な、有孔ボードを使うという手もありますね!ボードを塗装してあげれば、オシャレなディスプレイを兼用することも可能。DIYできるので、好きなサイズでカットして、お部屋の広さやアクセサリーの量に合わせられます。ちょっとやってみたいですね。


 

ハンガーを使う

木のハンガーもアクセサリー収納にとっても便利。下面にフックを密に取り付けていけば、ネックレスなどをつりながらディスプレイできるようになるんです。これなら選びやすいし、絡まってしまうこともなさそうです。


 

ウッドフレーム

奥行き浅めのウッドフレームに、横桟がついている古道具をアクセサリー収納にリメイク。種類ごとにキレイに整頓してディスプレイすることが可能な点も嬉しいのですが、キラキラしたものと古木のギャップも見ごたえあります。


 

額縁ディスプレイ

額縁もこんなに優秀なアクセサリー収納に。種類ごとに大きさを変えたり、壁面レイアウトに凝ったりと「美しく」収納できる点も良いですね。


 

ウォールステッカー

壁面に張ったウォールステッカーを生かして、あたかも枝にぶら下がっているかのような演出。ストーリー性のある表現なので、アクセサリーが単なる収納から、インテリアの一部として語れるようになりますね。


 

リアルブランチを生かす

こちらは本物の枝を生かしてアクセサリーを吊るしたもの。人工と自然のコラボレーション。選ぶなら白木を選んで、キレイにまとめたいところですね!


 

おわりに

敢えて見せることで、アクセサリーもインテリアの一部に!目からウロコの発想ですね。リビングや廊下などのパブリックな場所でやるのに抵抗がある人は、ウォークインクローゼット内や寝室でやってみるのがいいでしょう。ゴチャゴチャからサヨナラして、美しいアクセサリー収納を手に入れてくださいね!

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。