カゴを上手く使って収納♪&海外のオシャレな洗面所インテリア参考例♪

海外の洗面スペースのカゴの使い方を紹介しています。オシャレな洗面所には必ずといって良いほど出てくるアイテムです。素材や使い方など、きっと参考になりますよ。

2016/07/12更新
カゴを上手く使って収納♪&海外のオシャレな洗面所インテリア参考例♪

洗面所の収納は、既製品の洗面台では収納扉が付いているものが多いと思います。確かに美的でない容器やビニール袋などを隠しておくには便利ですが、インテリアを窮屈にしてしまっているかもしれません。今回は海外の事例から、洗面カウンターをオープンに保ち、カゴを上手く使って収納&インテリアを見せるアイデアを紹介します。自分で手を入れて、工夫して作り上げるインテリアなので、好きな人にはオススメです。

定番は「カゴ×タオル」

定番ですがこの使い方。タオルを丸めてカゴに挿しておくだけで、ナチュラルなイメージが漂います。敢えて取っ手付きにすることで、「仮に置いている」感じもでてGOODです。


 

広告

 

床への直置きも大丈夫!な大カゴ

大きなカゴを洗面台の下に並べておくだけ。オープンでスッキリとした使い心地は、空気的にも精神的にも爽快感があります。容器を入れたり、変えのタオルや脱衣カゴとしても使えます。使い込んだカゴをインテリアとして見せる場所でもあるんです、洗面所。


 

中段棚に引き出しとして

ピタッと面が揃った「家具」としての引き出しももちろん便利で良いですけれど。異素材を上手く組み合わせることのできるのがラタンなどの自然素材のカゴのメリット。モダンな洗面所を作るときほど、このバランスを心がけたいです。


 

いろいろなカゴをミックス

自然素材だけではなく、ワイヤーネットやカラーの利いたものを足していく上級者向けカゴテクニック。洗面所のベースがグレイッシュな古木風になっているので、色や異素材の効果が効いてきます。


 

すべてを揃える必要なんてないんです

手持ちにあったカゴを一つずつ誂えたかのようなカゴの使い方。とても洒落てますね。素材やカタチを統一しなくても、気軽に好きなものを集めればいいんです。余談ながら、洗面所下のスリットのような棚の切り方もとても上手です。


 

手作り風のワイヤーカゴ

ワイヤーネットで編まれた古びたカゴと、自然素材のカゴのダブル使い。見せるもの、少し隠しておきたいもので使い分けるテクニックです。脱衣やタオル系との使い分けをするのに良いかもしれません。


 

竹の手編みカゴも相性抜群♪

竹の手編みカゴも、洗面所での相性がとても良いです。通気性も良く、ナチュラルで爽やかなイメージを運んできてくれます。


 

トイレでももちろん使えます

トイレットペーパーのような「実用品」だけではなく、観葉植物やチョット寒いときに使うひざ掛けなどを淹れるのにもちょうど良いカゴ。何も入れなくてもいんです、置いているだけで絵になりますよ!


 

おわりに

地味&機能的重視になってしまう洗面所だからこそ、自然体でインテリアが素敵になると良いですよね。収納アイテムでもあり、味わいもあるカゴは、そんな洗面所での万能グッズだと思います。小さなものから試してみるとよいですよ!

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。