小さな家具に使いまわせる!イケアのマガジンファイル「KNUFF」を使ってみよう♪

イケアハック。イケアのマガジンファイルを家具や小物にリメイクした事例を紹介しています。テーブルや棚だけではなく、ペットの巣にもなってしまうというから驚きです!

2016/10/01更新
小さな家具に使いまわせる!イケアのマガジンファイル「KNUFF」を使ってみよう♪

意外に日本で知られていない、イケアのマガジンファイルボックス「KNUFF」は、多くのファイルボックスと違って木製でできています。素材はバーチ合板で、無塗装で売られている…とくれば、それを本来とは違うアレンジを楽しむ人も出てくるわけです。今回はこのイケアのアイテムを家具に転倒するアイデアを紹介しちゃいます。

イケアのマガジンファイル「KNUFF」

ナチュラルな色合いにうっすらと木目が入っているのが良いですね。クセのない形、「工夫して使ってね」といわんばかりの製品です。2個セットで1299¥。


 

広告

 

ウォールシェルフに

ウォールシェルフを支えるブラケットとして利用しながら、もちろんそれ自体も収納として使えます。合板でできているので、ビスで取り付けたりするのもとても簡単です。


 

驚き!テーブルに変身

どこに「KNUFF」が使われているの…と思いきや、何とテーブルの天板になってしまっています。4つを風車のように組み合わせて使うんですね!スツールや脚をつけて完成です。このアイデアは結構試されているようです。


 

組み合わせも色々!

4つの「KNUFF」を組み合わせつつ、脚はいろいろと選びようがあるんですね。既製品を組み合わせているのに、なぜかオリジナリティのあるユニークなカタチです。もちろんボックスは横から使えるので、スペースに無駄がありません。


 

並べるだけ!

壁の入り隅に取り付けるだけでも、こんなに便利なコーナーシェルフに。色をおうちのインテリアに合わせて決められるのが嬉しいポイントです。


 

壁にぺタッとつけるだけ!

壁にちょっと付けたしでボックスがほしいときにも、「KNUFF」が役に立ちます。ルーターなどの普段触らないものや、リモコンなどの置き場を忘れてしまいがちなものを仕舞うのにも良いかもしれません。


 

自在に風合いを変えて

ワックスや荒しのテクニックを使って、まったく違うイメージのファイルとして生まれ変わらせることもできます。おうちはアンティーク調だから…という場合にも、無塗装で手に入れられる「KNUFF」は貴重な既製品ですね!


 

重ねてナイトテーブルに

重ねてスツールに乗せるだけ!ボックスを横から使いながら、ベッドサイドで使えるナイトテーブルにはや代わり。ユニークな形をしているので、簡単なわりにオシャレに見えますよ~。


 

おまけ:工作の基盤として

「KNUFF」を使って工作にチャレンジ!海外ではハムスターの巣(遊び場)を作るのに、この「KNUUF」がリメイクされているようです。ファイルボックスの形状を生かした見事な転用の仕方…!もちろんこれ以外にもドールハウスやミニチュア、ミニカー遊びのベースにも使えそうですね。


 

おわりに

素朴な製品だけに、工夫次第でいろいろなお役立ち家具にリメイクすることができるんですね。気になったらホームページで製品をチェックしてみてください。
IKEA「KNUFF」

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/152691

https://folk-media.com/31523

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。