色違いチェアでこんなに豊かに!カラーバリエーションで魅せるダイニングスペース♪

ダイニングスペースで重要な役割を果たすチェア。普通はすべて同じ種類に揃えておくのですが、色違いでコーディネートするとまた違った楽しみ方や見せ方ができるようになります。色の組み合わせ方や、派手・抑制などでイメージも非常に多彩。今のダイニングにもうひと工夫欲しい…という場合のアイデアにいかがでしょうか。

2016/05/31 更新
著者:
色違いチェアでこんなに豊かに!カラーバリエーションで魅せるダイニングスペース♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

ダイニングスペースで重要な役割を果たすチェア。普通はすべて同じ種類に揃えておくのですが、色違いでコーディネートするとまた違った楽しみ方や見せ方ができるようになります。色の組み合わせ方や、派手・抑制などでイメージも非常に多彩。今のダイニングにもうひと工夫欲しい…という場合のアイデアにいかがでしょうか。

色にバリエーションがあるならば

椅子って、色がひとつではないことがほとんどです。カラーバリエーションがあるならば、これを生かさない手はありません!


 

広告

 

パステルトーンで

パステルやナチュラルウッドなど、淡め・甘めなトーンで色に幅を持たせます。統一しているよりも、柔らかく広がりのある雰囲気に。気分に合わせて選べるという楽しさもありますね。


 

イームズチェアは色の宝庫

イームズのシェルチェアは、FPRシェルでできているので色数が豊富。カラフルなコーディネートをするのに重宝します。ポップなカラーの組み合わせは、意外にシックなインテリアにマッチするんです。


 

トリコロール

すべての色を変えるのはちょっと冒険過ぎる…という場合には、二つずつのペアで色を揃えてみてはいかがでしょう。6脚あれば色は3色。トリコロールのコーディネートなら、色数を抑えつつ単調さを避けることも可能ですね。


 

華やかさを加える

明るい色をひとつ加えるだけで、パッと雰囲気が華やぎますね。すべてをイエローでそろえるのはちょっとしつこくなってしまうのですが、不揃いなので適度にイメージが分散します。


 

パステルトーンで

パステルトーンで統一しながら、少しずつ色のバリエーションを加えた事例。このさじ加減は難しくもあり、楽しい作業でもあるんです。


 

カラフルさで魅せる

ベースを白で統一しているインテリアなら、これぐらいパンチのあるカラーバリエーションもあり!彩度が高く、ガーリーな演出にピッタリです。


 

ファブリックの種類で

ファブリックなら、もっとバリエーションを探すのが楽になるでしょう。種類をそろえつつ、一つ一つに個性を持たせることができるようになりますね。


 

ペンダント照明のセードも参加できます

ペンダント照明のセードを、色違いコーディネートに参加させてみるのも良いですね。立体的に構成されるので、見え方や感じ方がより複雑なものに。


 

落ち着きの中にバリエーションをもたせる

鮮やかなファブリックで色違いを作りながら、ウッドの部分をちゃんと統一して程よく抑制を効かせている上級テクニック。どこをバリアブル(ファブリック)にして、どこをフィックス(統一)するか…このバランス加減がとても上手くいっています。


 

おわりに

家具は背景だし、あまり色数を取り入れるのは…と、しりごみしてしまう人も多いかもしれませんね。すこしの勇気は要りますが、なれるととても楽しい、そして飽きないインテリアができあがると思います。最初は、色のある面積を小さくしてみるのがオススメです。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!