素敵な洗面所が欲しい!参考になるインテリアまとめ♪

毎日使う洗面所は、単なる家事室で済ますには勿体無い場所です。オシャレに使いやすくキープするための、素材使いや、キーポイントとなるデザインについて紹介しています。

2016/06/10更新
素敵な洗面所が欲しい!参考になるインテリアまとめ♪

洗面台は、髪の毛を乾かしたり、お化粧したりの他にも、家事をするスペースを兼用しているという人も多いはずです。毎日使うからこそ、小さくても、素敵なスペースにキープしておきたいですよね。キレイさ・使い勝手のよさに意識の高いあなたにきっと参考になる、洗面スペースのヒントを紹介します。

こぢんまりとしてても素敵な理由

洗濯などの家事室を兼ねた洗面スペースは、日本の住宅では一般的な仕様。比較的狭くなりがちな洗面台も、腰壁できちんと囲われていることで清潔感も使い勝手もUPします。


 

広告

 

大胆に木を使う

水回りだからといって、木が仕上げに使えないわけではないんです。カウンター上だけは注意深く防水性のあるタイルをチョイスしながら、ウッドを多用することで温もりあるスペースに。白く無機質になりがちな洗面スペースですが、これなら愛着をもってお手入れや掃除に取り組めそうですね。


 

素敵な洗面スペースはキャビネットを使わない

既製品の洗面台ではカウンター下は扉付きのキャビネットになるのが普通ですが、収納の仕方や小物の選び方を工夫すれば、オープンでも素敵な見え方に。整理整頓を心がけるきっかけにもなりそうですね。


 

ミラーにこだわる

洗面所のミラーは、収納家具を兼ねていることが多く、ミラーが分割されてしまうのがちょっと生活感UPの原因に。ミラーを家具化せずに堂々と貼り、額縁を回すことでスペースの中心的役割を果たしてくれます。


 

対面式の洗面スペース

洗面所で何かしているときも、景色やリビングスペースとのつながりが感じられたら素敵ですよね。そんなコミュニケーションや、視線の抜けを重視したスペース作りもヒントになります。


 

水栓金具にこだわる

白いモザイクタイルに、黒いフレームや棚を合わせたモノクロのインテリア。そこに紅一点でインパクトを与えるのがゴールドの水栓金具です。見落としがちですが、洗面所の印象に水栓金具の力ってとても大きいんです。ゴールドやアンティークブラス(真鍮)など、クセのあるものを加えてみてください。


 

無骨さと清潔感を

カントリースタイルで、なおかつオシャレな雰囲気の洗面スペース。人造石の洗面カウンターも見事にマッチングしてますね。造作の一つ一つに太い角材が使用されているので、見た目に安心感を与えてくれます。


 

白モダン

白のボリューム感だけで表現された洗面スペースは、ラグジュアリーなイメージ。細い線がインテリアに出ない分、より体験的なスペースになりますね。スタイリッシュな観葉植物などを加えて、ナチュラルさを加えるとバランスがよくなります。


 

おわりに

いかがでしたか?気持ちよく使うには、やはり心地よいスペースになっていることが大事です。既製品の洗面台では、耐水性の観点から、ウッドや塗装などは取り入れられない傾向にありますが、これは日ごろのお手入れ次第。大事に使えるデザインを見つけてみてくださいね!

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/75078

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者名

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。