iDeCo(イデコ)加入者が転職する際に必要な手続きを一挙ご紹介!

個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)に加入していた方が転職や離職をした場合、どのような手続きが必要なのかを解説します。 ※本記事では、すでにiDeCo(イデコ)に加入していた人の場合に焦点を当てて記しています。

公開日:
著者:
iDeCo(イデコ)加入者が転職する際に必要な手続きを一挙ご紹介!

著者名

manetasu

manetasu専門家

マネタス(manetasu)はお金に関する疑問を専門家がわかりやすく解説するメディアです。初心者でも始めやすいiDeCoやつみたてNISAを初め、結婚や出産、住宅購入など、ライフステージに合わせて知っておきたい知識まで分かりやすく解説しています。

個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)に加入していた方が転職離職をした場合、どのような手続きが必要なのかを解説します。

※本記事では、すでにiDeCo(イデコ)に加入していた人の場合に焦点を当てて記しています。

 

iDeCo(イデコ)加入者の転職・離職の際の手続き方法

iDeCo(イデコ)加入者の転職・離職の際の手続きは転職先・離職により異なる?

転職や離職の時には、iDeCo(イデコ)加入者がみんな同じ手続きをすればOKとはいきません。

iDeCo(イデコ)加入者の働き方(会社員や自営業者などの加入者区分)や企業の年金制度(ある・なしなど)によって手続きが異なります

 

iDeCo(イデコ)に加入している私の場合はどうなるの?一覧早見表

転退職をした場合は、次のどちらかの状況により、手続きが変わります。

  • 転職先企業の年金制度
  • 離職後の状態

ここでは、先に全体の大まかな流れを見てみましょう。下記表が全体の流れです。

転退職に伴う年金資産移換等早見表(iDeCoの加入者の方が60歳未満で転職・離職した場合)

表を見ると、面倒な印象を抱くと思いますが、個人において(状況により違いますが)手続き自体は単純なことですので、これから順番に抑えていきましょう。

 

iDeCo(イデコ)加入者が転職の際に手続きするケース5つをご紹介

それでは、具体的なケースを見ていきましょう。前提条件は次の状態です。

  • すでにiDeCo(イデコ)に加入している
  • 転職・離職をする

 

この状態で、次の大きな5つのケースで見てみます。

  1. 転職先で企業型確定拠出年金に加入する人
  2. 転職先で企業型確定拠出年金に加入しない人
  3. 転職先に確定給付企業年金がある人
  4. 自営業者・フリーランスなどになった人
  5. 専業主婦などになった人

 

1. いままでiDeCo(イデコ)加入者で、転職先の企業型確定拠出年金に加入する人

転職先で企業型確定拠出年金に加入する人には、次の2通りが考えられます。

 

iDeCo(イデコ)への同時加入が認められている場合の手続き方法と必要な書類

この場合は、引き続きiDeCo(イデコ)へ掛け金を出すことができます。

手続きとしては

  • 国民年金の被保険者種別(または登録事業所の変更)の手続き

が必要です。

必要な書類は、以下からダウンロードできます。

出典:イデコ公式HP

記入後に運営管理機関に提出をします。運営管理機関とは「楽天証券やマネックス証券、ろうきん、○各種銀行」などの、iDeCo(イデコ)口座を開いている金融機関を指します。

 

企業型確定拠出年金に移管する場合の手続き方法と必要な書類

この場合は、iDeCo(イデコ)への加入者資格を失います。

手続きとしては

  • 加入者資格喪失届

の運営管理機関への提出が必要です。

そして、iDeCo(イデコ)の資産を転職先の企業型確定拠出年金に移します。詳細な手続き方法・書類は転職先の担当者に確認をします。

 

2. 転職先で企業型確定拠出年金に加入しない人の場合の手続き方法と必要な書類

この場合は、引き続きiDeCo(イデコ)へ掛け金を出すことができます。

手続きとしては

  • 国民年金の被保険者種別(または登録事業所の変更)の手続き

が必要です。

必要な書類は以下の内容です。

出典:イデコ公式HP

 

3. 転職先に確定給付企業年金がある人

iDeCo(イデコ)に引き続き掛け金を出すことができるかどうかは、転職先(の規約)により異なります。

できるかどうか、転職先の担当者に確認をしましょう。

 

4. 自営業者・フリーランスなどになった人

国民年金第1号被保険者、いわゆる自営業者・フリーランスになった人の場合は、引き続きiDeCo(イデコ)へ掛け金を出すことができます。

手続きとしては

  • 国民年金の被保険者種別の変更の手続き

が必要です。

必要な書類は以下の内容です。

出典:イデコ公式HP

 

5. 専業主婦などになった人

国民年金第3号被保険者、いわゆる専業主婦・主夫になった場合は、引き続きiDeCo(イデコ)へ掛け金を出すことができます。

手続きとしては

  • 国民年金の被保険者種別の変更の手続き

が必要です。

必要な書類は以下の内容です。

出典:イデコ公式HP

 

まとめ

  • iDeCo(イデコ)加入者が転職・離職をしたら、手続きをしましょう
  • 手続き方法は一見、面倒なようだけど、意外と簡単
  • 具体的な5つのケース別の手続きと必要な書類を理解してスッキリ!

長い人生の途中では、転職・離職をすることがあると思います。そして、老後のための資産形成は長期で継続性を持って行うことが重要です。

意外かもしれませんが、資産形成において、もっとも重要かつ簡単に効果があるのは「時間をかける(長期)」「積み立てる」(そして「分散投資」)ということです。これは特別な能力は必要でなく、誰にでもできます。

上記でみてきましたように、iDeCo(イデコ)加入者の資産は転職・離職をしても(移管などが必要なケースもありますが)資産としては基本的に継続して残せますし、(就職先などをまたいで)持ち運べます。

転職・離職に際しては、ついつい忙しくて手続きを忘れがちになりそうですが、「老後」は生きている限りやってきます。長寿化する可能性(長生きをしてお金が不足するリスクが)があるからこそ、できることを、長期で積み立てて(できれば分散投資も)行うことが重要だと考えられます。

こちらもおすすめ☆

超簡単!iDeCo(イデコ)おすすめ商品を見抜く2つのポイント!

これだけでOK!iDeCo(イデコ)の掛金変更方法&知っておきたい3つのポイントをご紹介

iDeCo(イデコ)の掛け金を確定申告して税金を返してもらおう!書き方カンタン3ステップ!

関連タグ

内容について運営スタッフに報告