一人暮らしからファミリーまで☆素敵なLDKインテリアレイアウトまとめ

今、LDKを従来の何となくフレキシブルな境目のない空間でなく、積極的に活かす捉え方が現れています。そんな「LDK暮らしを楽しむ」を可能にした素敵なインテリアレイアウトを一人暮らしからファミリータイプまでご紹介してます♫ 

2016/11/18更新
一人暮らしからファミリーまで☆素敵なLDKインテリアレイアウトまとめ

今、LDK空間を楽しまれる方が増えています。

今、LDK空間を積極活用される方が増えています。一人暮らしでも、あえて2Kでなく1LDKを選択されたり、3部屋あっても実質1LDK暮らしを楽しまれたり、中古の居室部分を削って、LDKを広~くリノベされたりなど…

LDKを従来のリビングとダイニングに境目のない広い兼用空間ではなく、個室は基本それぞれのベッドルームと考え、LDKこそを積極的な居室空間として活用しようという捉え方が現れているのです。

そんな❝LDK暮らしを楽しむ❞レイアウト例をひとり暮らしからファミリータイプまでご紹介しています。新しいLDK暮らしのご参考にしていただけましたら幸いです。

 

一人暮らしで楽しむLDKインテリアレイアウト

カッコいいけどゴツい男前家具もLDKなら余裕です☆

こちらは一人暮らし男性の1LDKです。向こうに見えるベッドルームが本来の居室部分、手前側がLDKで、こちらを居室として使っています。

目に付くのは、家具ブランド/ジャーナルスタンダードファニチャーの男前テーブルや大きなデニムソファ。ほかの写真では大きなドロワーチェストも置かれています。これらも余裕で置けちゃうのがLDK。ひとつの部屋にベッドも入れれば家具でギュウギュウになってしまいますが、LDKを居室にすれば男前家具も余裕で楽しめます☆


 

広告

 

一人暮らしのインテリアレイアウトならこちらの記事もおすすめ☆

 

二人暮らしで楽しむLDKインテリアレイアウト

リノベーションでお子さんが走り回れる運動場にチェンジ☆

こちらは3部屋あったところをぶち抜いてリノベされたお宅の、25畳!のLDKです。お子さんたちが走り回れるよう、ソファやスツール類はあえて壁付け。テレビはあまりご覧にならないのでこのレイアウトでOKだそうです。

夕食後はご夫婦がダイニングテーブル、あるいはソファに座り、「運動場」を走り回っているお子さんたちを眺めておられる風景が浮かんでくるようなLDKです☆


 

小さいお子さんのお城を見守るLDK

こちらは3LDKに暮らすご家族。リビングの一角にお子さんのためのスペースが設けられています。右側がソファのあるリビング空間。ローソファの背がそっとお子さんのテリトリーを作っています。


 

この手前のダイニングテーブルと、上のソファの背がテリトリーを守っています。


 

ダイニングテーブルの向こうはオープンキッチンで、キッチンに立つ方からも、お子さんがよく見えます。


 

クリスマス期の模様替え。でもお子さんのプレイスペースは、ダイニングテーブルの位置もそのままで、壁付けになったソファの代わりにはモミの木がちゃんとテリトリーを守っています☆


 

ファミリーで楽しむインテリアレイアウトならこちらの記事もおすすめ☆

 

まとめ

LDK空間での暮らし方はいかがでしたか。夕食後は個室にこもらず、しだいにまたリビングダイニングへと暮らし方は回帰してきているように思います。それでもかつてと同じように冬はみなこたつでというのではなく、時代とともに人数や暮らし方に合わせて、それぞれの楽しみ方が生まれてきていると思います。新しいLDK暮らしのために、ご活用いただけたら幸いです。

 

インテリアレイアウトに関連するこちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ