狭くても快適☆小さなお部屋の心地いいベッドルームの作り方

広々としたベッドルームは憧れますが、現実はなかなかそうはいきませんよね。限られたスペースでいかに心地いい空間作りをするかが大事です。快適で、お洒落なベッドルームを作るにはどうしたらいいでしょうか?海外サイトを参考にしてみましょう。

2016/06/30更新
狭くても快適☆小さなお部屋の心地いいベッドルームの作り方

狭くても心地いいベッドルーム

一日頑張った体を休める場所、ベッドルームは家の中で一番安らげる場所であってほしいですね。そして、ベッドルームはただ寝るだけの場所ではなく、パワーを蓄える場所でもあります。 狭いベッドルームでも快適に、お洒落にするにはどんな風にすればいいでしょうか?


 

広告

 

プラスする

このベッドルーム、ファーの掛け毛布がなく、白い枕が一つだけだったらどうでしょうか?お洒落に見えるポイントはカラーセンスのいい枕やクッションをプラスすることです。


 

狭くても中央に

狭い部屋だとついベッドを端に置いて、スペースを保とうとしまいがちですが動線を確保するためにはベッドの両サイドを開けることです。モノトーンでかっこよく統一された部屋ですがベッドシーツはあえてベージュにすることで柔らかい雰囲気がでます。


 

奥行きを作る

一番奥の壁に壁紙を貼ることで、奥行きを感じることができます。デザインも華やかで色もキレイなので部屋のアクセントにもなります。


 

思い切って飾る

狭い部屋には少し大きすぎるようにみえるフレームたちですが、飾りたいものはしっかり飾ります。サイドテーブルもちゃんと置きます。ラグも敷いて、凝った装飾のシャンデリアも飾ります。狭くてもやりたいインテリアをセンス良くうまく飾っています。


 

スペースを利用する

狭いベッドルームにはたくさんの家具を置くことができません。窓のサッシや壁に備え付けられた棚のスペースを上手く利用しましょう。電気スタンドは棚に簡易的なものを取り付けています。狭くても花を飾る余裕は持ちたいものです。


 

壁に変化をつける

まさにベッドの幅しかない狭さです。右は青い壁、左はレンガの壁というのがユニークです。天井が高く、壁に変化があるので圧迫感は少し軽減されますね。すぐ手が届く場所に本棚をつけているのがいいですね。


 

天井から吊るす

狭い部屋のため、床のスペースをなるべく確保したいなら、天井から吊るしちゃいましょう。ユニークなサイドテーブルの出来上がりです。なんだか楽しそうですよね。


 

ベッドの下を収納スペースに

小さな部屋の場合、収納できるベッドにするとスペースを有効利用できます。また、カーテンをつけると圧迫感を感じることもあるので、部屋にあわせて真っ白なブラインドにすると、窓のあたりはすっきりしますね。


 

カーテンで仕切る

ワンルームなどはカーテンでベッドを仕切ってもいいですね。狭いお部屋でもクラッシックなムードが漂うホテルのような素敵なインテリアです。


 

ハイセンスな色の組み合わせ

部屋の色の組み合わせがとても素敵です。落ち着いたグレーの壁にシックなラグが敷かれていますが、アクセントカラーにスモーキーイエローを入れることでぐっとお洒落になっています。狭い部屋は色選びも重要ですね。


 

優しい光で明るく照らす

ファブリックが心地よさそうなベッドです。壁や天井が近くて狭い場合はライトのガーランドを飾って壁を明るく照らすといいですね。また、見た目が気になるなら、ベッド下の収納スペースを布で見えないようにしましょう。


 

狭くてもこんなに素敵なベッドルームが作れるんですよ。心地よいベッドルーム作りのために、狭くてもあきらめないでください。このような素敵な海外サイトのインテリアをヒントにして、あなただけの素敵な癒しのベッドルームを作ってください。

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。