ゲストを呼びたくなる!おしゃれなラグ仕立てのリビング実例

リビングの快適さの重要なポイントの一つは、脚触りをソフトに変えてくれる「ラグマット」だと思います。折角のおもてなしの時間なので、いつもとはちょっと違う敷き方にしてもいいかも!素敵なラグの使い方・コーディネートの実例を紹介します。

2015/12/21更新
ゲストを呼びたくなる!おしゃれなラグ仕立てのリビング実例

ゲストを呼びたくなる!素敵なラグ仕立てのリビング実例

秋~年末年始は、自宅に友人や親戚を呼んで過ごすことも多い季節です。リビングの快適さの重要なポイントの一つは、脚触りをソフトに変えてくれる「ラグマット」だと思います。折角のおもてなしの時間なので、いつもとはちょっと違う敷き方にしてもいいかも!素敵なラグの使い方・コーディネートの実例を紹介します。

 

レザーラグ

レザーラグはシルエットの豊かさを味わうもの。概ね四角いことが多いリビングに、フリーラインのシルエットが映えるように敷くのがポイントです。


 

広告

 

レザーラグ

柄とシルエット、両方が楽しめるのがレザーラグの良いところですよね。ラウンジチェアを引っ掛けるように置いて、脚が触れるところをカバーしたり、ずれるのを防止したりします。


 

スツールやテーブルと組み合わせて

ラグといえばローテーブルとの組み合わせが主流ですが、スツールや小さなテーブルとの組み合わせも試してみたいですね。ソファの座面が少し高めのものであれば、十分にテーブルを生かした団欒の場が作れそうです。ナチュラルなパイン系のフローリングに、パステル調のラグや家具が良くあっています。


 

アシンメトリー

ソファとテーブル、そしてラウンジチェアのレイアウト方法は?ラグで求心的なリビングの場を作りながら、テーブルや照明、ラウンジチェアをアシンメトリーに。オシャレで知性も感じられるレイアウトなので、落ち着いた大人の会話ができそうです。


 

柄を利かせてにぎやかなスペースを演出

シンプルなソファやテーブルを使っているなら、ラグで柄と色を楽しむのもひとつの手ですね。クッションや、壁面のアートフレームと、共色を使うとインテリアに統一感が感じられるようになります。


 

ナチュラル系で落ち着いたリビングに

ザックリとした設えのカーペットは、アンティーク系のテーブルをあわせてリラックス志向なリビングの演出に。緑溢れる空間で、長時間のおもてなしもバッチリです。


 

シャギーはとことん温もりを求めて

シャギー系のラグは寒いシーズンに温もりを感じさせてくれる重要なインテリアアイテム。ラグを目立たせるために、ソファとラウンジチェアのどちらかを、シャープなフレームで構成されたものにしておくといいでしょう。


 

シャギーラグで魅せるインテリア

クールなインテリアにも、シャギーラグひとつでソフト&リッチな雰囲気が演出できます。細いワイヤーチェアや、スノコ式のローテーブルも、堅くなりすぎずほど良い「崩し」が効いていますね。


 

おわりに

ソファや椅子を買い換えるのは大変…これらは耐久年数の高いもの。毎日使うラグは結構消耗も激しいですし、手軽なお値段で新しいリビングの演出ができますよね。柄と色、シルエットなどを工夫して、誰かを呼びたくなるリビング作りにチャレンジしてみてくださいね!

 

こちらもオススメ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。