電気要らずの優れもの!エコで美しい紙加湿器を特集♪

電気を必要としない、エコなペーパー加湿器を特集しています。フィルターが花や植物、ハートマークなどキャッチーなアイコンにもなれる分、インテリアでも活躍します。

2016/01/06更新
電気要らずの優れもの!エコで美しい紙加湿器を特集♪

乾燥が気になる季節、お部屋には加湿器が欠かせないという方も多いと思います。でも、加湿器はいろいろとメリット・デメリットもあるし、「ちょっとの加湿で十分」というケースもありますよね。そんなときは、電源不要の紙加湿器を選んで、好きな場所に置いてスポットで加湿してみてはいかがでしょうか?家電ぽい硬さがなく、カワイイデザインのものが多い紙タイプの加湿器を紹介します。

MAST

木の箱からニュッとでた木のペーパーは、マストのように室内を通る風を受け、下から吸い上げた水分を自然に気化していく仕組み。ヨットのマストのようであることから、プロダクトの名前が付けられたようです。キュートで特徴のあるデザインで、遊びにきた友人にも「これなに!?」という興味をもってもらえること間違いなしです。


 

広告

 

LOVE POT

鉢から生えたカラフルなハートマーク!?は、折り紙の原理を利用して表面積を確保した蜂の巣構造でできたフィルター。熱や超音波を使わず、自然に蒸発させる「自然気化式」なのでエコ経済的♪電気を使う加湿器にありがちな室内にバクテリアを撒き散らす心配もありません。


 

使い方もとっても簡単・安心

コンパクトに折りたたまれているフィルターを広げ、ポットに水を要れ、差し込むだけ。コードがないので、寝る前の枕元やキッチンなど、居る場所にもっていくのもとてもイージー。

 

BRUNO パーソナルペーパー加湿器

BRUNOのエコ加湿器は、ポットから花が咲いたかのようなキュートな見せ方が斬新です。フラワーディスプレイのように並べても良し。卓上を彩るインテリアアイテムにもピッタリです。


 

キャップがついているのでポータブルなんです

専用のキャップを使えば、カバンにいれて持ち運びもらくらく。水さえあれば働くので、自宅でオフィスで、手軽に加湿器を使うことができます。


 

Chokotto Oasis

「ちょこっとオアシス」はその名の通り、置いたまわりにほんの少しの加湿をもたらしてくれるポータブルなペーパー加湿器。カバーを開けるとフィルターがお目見えする仕組みで、閉じれば約15×7cm、厚み約3cmに納まってしまいます。オフィスなどはどうしても過乾燥になり勝ち。タスクゾーンを加湿するには最適ですね。


 

使い方もスマートなんです

スライドケースを開けて、水を注ぐだけで注水完了。開いたときの目立ちかたも控えめで、ちょこっとした感じなのが嬉しいです。


 

おわりに

いかがでしたか?加湿器はハイブリッド式、超音波式、気化式など、いろいろなタイプがあって選ぶのも難しいプロダクトのひとつです。自然気化式なら、加湿しすぎにもなりませんし、安全安心、経済的にもメリットのある加湿グッズになりますよ。

 

こちらもオススメ☆

https://folk-media.com/148616

https://folk-media.com/20219

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者名

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。