コレひとつでso lovely♪秋のアイテムをあしらったデコレーションを特集

秋は色と灯り、自然の恵みと華やかさを祝う季節です。インテリアにもそんな秋のムードを運んでくれるようなデコレーションを紹介しています。

2015/11/10 更新
コレひとつでso lovely♪秋のアイテムをあしらったデコレーションを特集

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

秋の気分を盛り上げるために、何かひとつインテリアに加えて見ませんか?ハーヴェストな気分を盛り上げてくれるシンプルで簡単なアイデアを紹介します。

小麦の穂をあしらったディスプレイ

小麦の穂は、日本ではあまり見かけないと思いますが、立派な秋のデコレーションアイテムなんです。フレンチピッチャーに、束ねて入れるだけで、吹き抜ける風に少し寂しさが漂うような、哀愁あるデコレーションに。ちなみに、リアルな麦穂が手に入らなければ、造花でも売られていますので、チェックしてみてください。


 

広告

 

枯れ木+ストリングライト

枯れ木を集めて缶に差込み、ストリングライトを被せるだけで、秋らしいライティングデコレーションのできあがりです。クリスマスツリーの電飾とはまた趣の違った感じで、素敵ですね~。


 

ガラスベースに入れるだけ

難しく考えることはありません。秋の色とりどりの「収穫物」をガラスのベースに入れておくだけで、立派なデコレーションになるんです。かさのひらいた松の実を入れて、繊細さを足してみるのもオススメです。


 

「紅葉」カラーをふわりと浮かす

秋には、オレンジ・赤・黄などの美しい葉っぱが手に入ります。それらを生かさない手はありませんよね!?細い糸で吊って、ダイニングやリビングを彩りましょう。


 

アートフレームを使う

自然から得たものこそ、芸術的!というわけで、この名前のない芸術家の作品を、アートフレームに入れてみましょう。背面が透明アクリルになっているフレームさえゲットしたら、あとは公園で美しい葉っぱ探しです。ぺタッと平面的になった葉っぱは、どこか静物画のような雰囲気になりますね。


 

リーフのミニ・ガーデン

落ち葉はこんな風に小さなガーデニングにもピッタリですね。葉っぱのサイズにあった、これまた小さなベースやフラスコをも、インテリアショップなどで売られています。


 

松の実を使う

松の実(マツボックリ)を良く眺めてみてください。実に、緻密な幾何学の配列があるんですよ…!自然が生んだアーティスティックなオブジェを、そのままインテリアに。かさが開いたものを使うのがオススメです。


 

リボンをあしらって

リボンをあしらって、ドアや窓にリースのようにかけておけば、素敵な季節感をアピールできるデコレーションに。このとき注意したいのはリボンの「色」。パープルやイエロー、レッドなど、リッチで華やかな色をえらび、ブラウン~グレイッシュな松の実とのギャップを演出しましょう。


 

おわりに

いかがでしたか?意外に簡単にできるものばかりです。忙しい生活の中にも、季節感がインテリアにあるとホッとできるものです。ぜひお試しくださいね~。

 

こちらもオススメ☆

シェアしよう!

関連タグ