秋をとことん楽しむ♪DIYクラフト&デコレーション特集

秋をインテリアにも取り込みたい!そんな希望を簡単にかなえてくれる、秋の収穫アイテムを使ったDIYクラフトを紹介しています。

2015/10/30更新
秋をとことん楽しむ♪DIYクラフト&デコレーション特集

秋は収穫(ハーヴェスト)の季節と言われているだけあって、公園や原っぱなど、身近にある自然でもいろいろな「拾い物」ができますよね。そんな秋に生まれる木の実な葉っぱなどを使って、自分らしくホッコリとしたDIYクラフトを楽しんでみませんか?お子さんと一緒に手作りのデコレーションをしてみましょう。

どんぐりペインティング

どんぐりの殻に色とりどりのペイントを施すだけで、こんなに可愛らしいグッズに生まれ変わるなんて!トレーなどに入れて、エントランスホールやリビングのローテーブル上に秋の風を運んであげましょう。


 

広告

 

落ち葉添えのキャンドルホルダー

キャンドルホルダーも、落ち葉をあしらうことで秋っぽくなりますね!クリスマスまでの短いシーズンですが、秋を満喫できる嬉しい仕掛けです。


 

グリッターペイントで

メタリックにキラキラと光るグリッターペイントも、秋が出番です。殻の部分を塗って、クリスマスオーナメントにも使えますね。


 

リーフトレー

紅葉した美しい葉で作られたトレー。グルーガンなどで接着して簡単に作れます。秋だけに使える、使いきりのはかないアイテムですが、その分情緒タップリな雰囲気をリビングに与えてくれそうです。


 

ガラスのジャーを使って

ガラスのジャーを使ってキャンドルホルダーにするまでならよくあるアイデアですが、どんぐりを一緒にあしらうことでハーヴェストな雰囲気がUPします。窓際にやテラスに吊って、秋の夕景を堪能するのも今だけの贅沢な過ごし方です。


 

まつぼっくりにペイント

松ぼっくりにも、カラフルなペイントを施すことでキュートなアイテムに早変わり。先っちょだけを塗るのがおしゃれに仕上げるポイントです。


 

トレーに飾って

グリッターペイントを施した松ぼっくりは、そのままダイニングのセンターライナーを飾るアイテムに。華やかでいて、ナチュラルなムードは、お客さんを招いたときに是非使ってみたい、おもてなしテクニックです。


 

葉っぱにもグリッターペイントしてみよう

かえでなどの、秋らしいシルエットの葉っぱを幾つか拾ってきたら、これにもグリッターペイントを施してみましょう。ちょっと物足りなかったら、使わなくなったマニキュア(ラメ入り)なども加えてみてください。ナチュラルでキラキラとしたデコレーションで、心浮き立つインテリアアイテムのできあがりです。


 

おわりに

紹介したのは、どれも簡単に手に入るものばかりです。お子さんと遊びに行くついでに、ちょっと自然のなかで探し物をしてみてくださいね!

 

こちらもオススメ☆

https://folk-media.com/139872

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者名

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。