使い方次第でとても豊かになる!おもしろコーナーシェルフを紹介♪

棚は棚でも、壁の角に設置することを考えて作られたものをコーナーシェルフと言います。部屋の角って、中心からは外れているのでコンソールなどは見栄えがしないし、何を置くかちょっと迷ってしまうこともありますよね。コーナーシェルフなら、そんな空間の入り隅や出隅を上手に収納やディスプレイスペースとして使うことができるんです。

2016/09/28更新
使い方次第でとても豊かになる!おもしろコーナーシェルフを紹介♪

棚は棚でも、壁の角に設置することを考えて作られたものをコーナーシェルフと言います。部屋の角って、中心からは外れているのでコンソールなどは見栄えがしないし、何を置くかちょっと迷ってしまうこともありますよね。コーナーシェルフなら、そんな空間の入り隅や出隅を上手に収納やディスプレイスペースとして使うことができるんです。さまざまなタイプを紹介しますので、家作りの参考にしてみてくださいね!

お部屋の入り隅を生かす壁面レイアウト

しっかりとしたディスプレイゾーンができているので、隅っこに寄せられているな~という感じもしませんね。L字型になっているので立体的な空間処理にもなり、文字通りブックコーナーのような小空間が生まれているのが良いです。


 

広告

 

コーナーだからできるユニークさに注目

出隅に取り付けるタイプのコーナーシェルフ。球体を真っ二つに割ったようなフォルムがとてもユーモラスです。部屋のコーナーが、ちょっとしたスタンドになってくれるかもしれませんね~。


 

キュービックなコーナーシェルフ

角材をピラミッドのように段々に積み重ねたウッドシェルフは、単一のブロックが並んでいるので、小物をディスプレイするのにピッタリ。角材をカットするだけなら、DIYでも簡単に作ることができそうですね!


 

コーナーシェルフをビルトイン

コーナーに取り付けるのではなく、コーナーをインテリアと同化させながらシェルフをビルとインしたタイプです。インテリアに自然に馴染ませるならこういう方法もありですね。モールディングでちんまりとしたデコレーションを施すのもカワイイです。


 

ニッチに掘り込むコーナーシェルフ

出隅のコーナーを掘り込むことで、空間的な広がりを感じさせてくれますね。仕上げを壁と切り替えているのも重要な見せ方のポイントです。


 

ヌック作りにも使えます

ラウンジチェアをあしらって、入り隅を休憩コーナーにしてみるのもいいかも。シンプルなウォールシェルフでもコーナーになることでディスプレイの幅が広がりますね。


 

リーディングヌックを作る

コーナーシェルフで囲われた空間にベンチやスツールを置けば、リーディングヌックとして使うこともできちゃいますね。ヌック作りでは空間が囲われている感じがポイントなので、コーナーシェルフが一石二鳥の役割なのです。


 

違い棚タイプ

L字に棚を作るとなると、特注するのがちょっと難しいかも…というときは、普通のウォールシェルフを互い違いに組み合わせる方法もありますね!高さの違い、偶発的に生まれる隙間があって、使い方を考えるのも楽しい作業になりそうです。


 

おわりに

いかがでしたか?コーナーシェルフは、壁にモノを並べるという収納的な機能だけではなく、文字通りそこにひとつのコーナー=スペースを生み出してくれるのが魅力ですね。部屋の真ん中だけではなくて、隅々まで使い切っているという感じが日本人向きかもしれません。隅に座るスペースがあると、お部屋も広く感じられるはずなので、試してみてください~。

 

こちらもオススメ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。