お洒落だけじゃなく実用的☆北欧生まれの壁掛け収納【ストリングシェルフ】のある生活。

スウェーデン生まれのストリングシェルフは、様々なパーツを壁に取り付けて組み合わせる収納です。北欧デザインが生んだ壁掛け収納は、オシャレなだけじゃなく実用的。北欧では一般家庭でも取り入れられています。今回は、ストリングシェルフを使ったインテリアについてご紹介します。

2016/07/09更新
お洒落だけじゃなく実用的☆北欧生まれの壁掛け収納【ストリングシェルフ】のある生活。

スウェーデン生まれのストリングシェルフは、様々なパーツを壁に取り付けて組み合わせる収納です。北欧デザインが生んだ壁掛け収納は、オシャレなだけじゃなく実用的。北欧では一般家庭でも取り入れられています。今回は、ストリングシェルフを使ったインテリアについてご紹介します。


 

広告

 

オシャレなお部屋には必ずある、スウェーデンで生まれたストリングシェルフ

ストリングシェルフはスウェーデン生まれの壁掛け収納です。日本では住宅事情の関係で浸透はしていませんが、スウェーデンを中心に、デンマーク、フィンランドなどの北欧の一般家庭はよく見られるとても身近な家具なんです。その名前にピンと来なくても、北欧インテリアの雑誌などで見たことがある!と言う人もいるのではないでしょうか?

 

スカンジナビアンデザインの創始者とも言われる建築家、ニルス・ストリニングがデザイン

ストリングシェルフはその画期的なデザインが評価され、1954年にミラノトリエンナーレでゴールドメダルを受賞したほか、数々の賞を受賞しています。また、ニルス・ストリニングは「スカンジナビアンデザインの創始者」とも言われ、世界的にも高く評価されています。ストリングシェルフは1949年、スウェーデンの建築家、ニルス・ストリニングによって生まれました。規格化された複数のパーツを組み合わせてつくるモジュール方式を採用し、用途や取り付け場所に柔軟に対応するストリングシェルフ。今でこそ大手のインテリアメーカーがこぞって販売している壁掛け収納ですが、実は60年以上も前からスウェーデンでは一般的に利用されていたとは驚きですよね。

 

床に置かない収納家具で思い通りの空間作りが実現

ストリングシェルフは、従来考えられた、家具を「床に置く」という概念を覆し、壁に取り付けることで思い通りの空間を作ることを実現しました。またパーツを組み合わせることで、使いやすさや見た目にも優れ、スカンジナビアンデザインに大きな影響を与えました。


 

壁に取り付けた棚をデスクとして使用しています。取り外しも出来るので、キッズが大きくなった時や部屋の模様替えの時にも移動が可能なので、年齢に合わせて使いやすいですね。


 

小さなシェルフは、インテリアオブジェを飾るのにピッタリです。ホワイトと白木の組み合わせは北欧テイストのインテリアにもピッタリです。


 

コレクションの北欧食器をディスプレイするシェルフにもピッタリです。部屋の小さなスペースにも取り付けが出来るので、スペースを無駄に使わず、スッキリして見えます。


 

日ごろよく使う日用品を置いておくシェルフとして活用しています。北欧デザインのオシャレな雰囲気は、見せる収納としても大活躍ですね。


 

まるでアート♡ストリングシェルフを使った海外のインテリアを見てみよう

北欧では一般家庭にもよく使われているストリングシェルフ。その使いやすさとシンプルなデザインは、北欧だけでなく世界からも愛されています。インテリア雑誌などで目にするオシャレな部屋を見てみるとストリングシェルフが見られることもしばしば!


 

リビングにはお気に入りのアイテムをディスプレイするラックシェルフとして。オシャレなのに落ち着いた雰囲気は、リビングでも存在感バツグンです。


 

読書家のお部屋をのぞくと、ストリングシェルフに片づけられた本の数に圧倒されます!収納家具なのでもちろん収納性もバッチリです!


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

いおん

いおん

ジャンル問わず、個性がキラリと光る魅力あるものを紹介していきたいです。