北欧ブランド【muuto】の収納バスケットはどんな場所でもマッチ☆

北欧デンマークのインテリアブランド【muuto】の収納バスケット「restore(リストア)」。シンプルなフェルトのバスケットは、無造作に置いてあるだけでおしゃれな空気を作ってくれる、インテリアのお助けアイテム。なんでも受け入れてくれるこのバスケットで、北欧デザインの心地よさを感じてみませんか?

2015/11/24更新
北欧ブランド【muuto】の収納バスケットはどんな場所でもマッチ☆

北欧ブランド【muuto】の収納バスケット「restore」

フェルトでできたシンプルな収納用のバスケット。北欧デンマークのインテリアブランド【muuto】の定番人気アイテム「restore(リストア)」です。

収納としての機能はもちろん、ただ置いてあるだけでおしゃれな空気を作ってくれるこのバスケット。お部屋のごちゃごちゃしたものをなんでも放り込んですっきり見せてくれる、インテリアのお助けアイテムです。


 

広告

 

muutoとは


muuto(ムート)は、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kristian Byrge(クリスチャン・ビエ)により2006年にデンマークに設立された、 新たな北欧デザインの躍進を担うブランド。muutoは北欧デザインをベースに、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークから探し出した先鋭のスカンジナビアンデザイナー達に自由に表現させることで、北欧デザインの伝統を感じさせながらも、新たな息吹を感じさせるインテリアや生活用品のデザインを数多く生み出しています。

http://item.rakuten.co.jp/

 

リストアの魅力ポイント

溜まりがちな雑誌や新聞、洋服から子供のおもちゃまで、大容量で何でも受け入れてくれるこのバスケット。見た目にも機能にも、北欧ならではのセンスが感じられます。魅力的なポイントを見ていきましょう。

 

軽やかな素材と優しいフォルム

まず目が行くのが、フェルト素材であるということ。柔らかい手触りと見た目の優しい印象、それに加えて角のない丸くコロンとしたフォルムが、そこにあるだけで空間を和ませてくれます。年中愛用できますが、温かみも感じられるから、特に秋冬インテリアにはぴったり。


 

見た目の印象を裏切る、頑丈さ

フェルトの収納アイテムと言うと、見た目の通り「軽くて柔らかい」のを想像しますが、このバスケットは違います。弾力のある固い素材が芯に使われているので、叩くとコンコンと音がするほど固いんです。見た目の印象を裏切る、しっかりとした頑丈さをもっているから、雑誌などをたくさん入れて重くなっても型くずれしません。


 

ハイセンスなリサイクルアイテム

頑丈さの秘密は多層構造。フェルトの内側には、芯としてPETボトルのリサイクル素材が用いられています。それが「Restore」というネーミングの由来にもなっています。リサイクルもハイセンスに仕立て上げる、北欧ならではのセンスが光ります。

 

どんな場所で、何を入れる?「restore」のある風景

無造作に置いてあるだけでもおしゃれな「restore」。大容量でなんでもポイポイ入れやすく、かつ取り出しやすいこのバスケットは、優しい素材感がインテリアにすっと馴染んで、主張しすぎることなく暮らしに寄り添ってくれます。どんな場所で、何を入れると便利なのか、お部屋の風景を覗いてみましょう。


 

リビングで

床に無造作に置いても様になるから、リビングにあるととても重宝します。ブランケットや雑誌など、散らかりがちなものを何でも入れるだけで、おしゃれにすっきりさせることができます。モノトーンのコーディネートに、このグレーのバスケットは重宝しますね。


 

 デスクサイドに

デスクの足元にあると、雑誌などの一時置き場にとても便利。 重い物を入れても型崩れしないし、持ち手があるので持ち運びもラクラクだから、お片づけもフットワーク軽くできそうですね。


 

シェルフの上に

シェルフの上におけば、中身も見えずにすっきり。生活感の出る家電関連やお薬など、手の届くところに置いておきたいけど見せたくない、隠しておきたいアイテムの居場所にもってこいですね。カラーバリエーションも豊富ですが、お部屋に馴染みやすいグレーを愛用している方を多く見かけます。


 

シェルフと組み合わせて

オープンシェルフはおしゃれだけれど、全部中身が見えているとごちゃごちゃに見える危険も。そんな時には一箇所だけでもバスケットを使えば、バランス良く整った印象にしてくれます。


 

複数使いも素敵

こんなふうに複数並べても素敵ですね。色ごとに入れるものを区別したり。これだけでもう、お片づけ上手になれそう。


 

ブランケットを入れて

これからの季節に出番の多い大判ブランケット。面積が大きいから、出しっぱなしだとなんだかだらしない印象になりがちですが、このバスケットならポンと入れるだけ。すっぽり収まる容量の大きさも魅力です。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!