投資知識一切不要!つみたてNISAで成功するための3ステップをFPがご紹介

つみたてNISAは、平成30年1月から新たに始まった投資制度ですが、独立系FPという職業に就いている筆者としては、つみたてNISAは、新たな貯蓄方法であると考えています。 投資なのに貯蓄ってどういうこと?といった声が聞こえてきそうですが、家計のお金をできる限り多く手元に残すためには、スポーツの勝ち負けと同じように、作戦を立てて攻めと守りのバランスを上手く活用しなければなりません。 本記事では、家計のお金を攻めで残すための方法として、つみたてNISAで成功するための3ステップを紹介します。

公開日:2018/11/28
著者:
投資知識一切不要!つみたてNISAで成功するための3ステップをFPがご紹介

著者名

manetasu

manetasu専門家

マネタス(manetasu)はお金に関する疑問を専門家がわかりやすく解説するメディアです。初心者でも始めやすいiDeCoやつみたてNISAを初め、結婚や出産、住宅購入など、ライフステージに合わせて知っておきたい知識まで分かりやすく解説しています。

つみたてNISAは、平成30年1月から新たに始まった投資制度ですが、独立系FPという職業に就いている筆者としては、つみたてNISAは、新たな貯蓄方法であると考えています。

投資なのに貯蓄ってどういうこと?といった声が聞こえてきそうですが、家計のお金をできる限り多く手元に残すためには、スポーツの勝ち負けと同じように、作戦を立てて攻めと守りのバランスを上手く活用しなければなりません。

本記事では、家計のお金を攻めで残すための方法として、つみたてNISAで成功するための3ステップを紹介します。

つみたてNISAのポイントをざっくり紹介します

タイトルにもありますように、本記事を読み進めていく上で投資知識は一切不要ですが、そもそも、つみたてNISAとはどのようなものなのかわからないと話が進みません。

そこで、本項では、つみたてNISAのポイントを箇条書きで紹介し、大まかなイメージを持っていただきたいと思います。

  • 利用できる人は、日本在住の20歳以上の方です
  • 金融庁が指定した投資信託かETFと呼ばれる金融商品を毎月積立投資します
  • 1月1日から12月31日までの1年間で投資をすることができる上限は40万円まで(1ヶ月あたり約33,000円程度)です
  • 最長で20年間、投資で得た利益に税金がかかりません
  • 毎月の投資額は、金融機関によって異なりますが、最低100円から始められます
  • 毎月積立投資した投資信託やETFはいつでも売却して現金化することができます

つみたてNISAは、投資初心者向けの投資制度と言われますが、上記のポイントは、積立預金に置き換えて考えるとイメージを持ちやすいです。

 

つみたてNISAと積立預金の違い

積立預金は、銀行などの預金口座に毎月一定金額を積立預金していくのに対して、つみたてNISAは、金融庁が指定した投資信託かETFと呼ばれる金融商品を毎月積立投資します。

つまり、預金へ積立していくか、投資信託などへ積立していくかといった違いであり、将来のまとまったお金を貯めるといった目的については、どちらも共通しています。

 

つみたてNISAは、毎月継続して積立するだけで誰でも成功する

投資は100%儲けることができると言ってはならないとされておりますが、つみたてNISAという投資制度を活用し、毎月継続して積立投資を長い期間行えば、ほぼ100%に近い確率でまとまったお金を準備することができると筆者はあえて言い切ります。

また、つみたてNISAは、積立預金に比べて利息部分にあたる運用益が圧倒的に大きいため、同じ時間と同じ金額を毎月積立するのならば、つみたてNISAを活用した方が賢い攻め方であり、将来的な家計を考えると豊かになれるはずです。

ちなみに、つみたてNISAを活用した積立投資で成功するための秘訣は、とにかく継続して積立をすること、投資期間が長ければ長い程成功しやすいこと積立投資をする投資信託選びの3つが決め手です。

 

つみたてNISAで成功するための3ステップ

前項では、つみたてNISAを活用した積立投資で成功するための秘訣を3つ紹介しましたが、つみたてNISAで成功するために必要な具体的な考え方について、ここでは3つのステップに分けてそれぞれ紹介します。

 

ステップ1:つみたてNISAでお金を用意する目的を明確にしよう

つみたてNISAは、10年後や20年後といった将来にまとまったお金を準備することができる投資制度でありますから、まずは、つみたてNISAでお金を用意する目的を明確にしておきましょう。

たとえば、子供のための教育資金のため、将来のリフォーム費用のため、老後生活資金のためなどが主な目的としてあげられますが、将来が漠然と不安なため、とにかくいくらでもお金を貯めておきたいといった理由でも筆者は良いと考えています。

 

ステップ2:途中でお金を引き出さないことを大前提に積立金額を決めよう

つみたてNISAでまとまったお金を準備するためには、積立している途中でお金を引き出さないようにすることが大前提です。

これは、積立預金と異なり、運用益が保有している投資信託などの数によって変化するためであり、一言で申し上げると、投資信託などの保有数量が多ければ多い程、大きな運用益を手にすることができます。

そのため、いざ必要になった時にいつでも引き出しすることができるお金を別に貯めておき、つみたてNISAでまとまったお金を手にする時は、前項で紹介した目的が到来した時といったように、あらかじめ分けておくことをおすすめします。

 

ステップ3:つみたてNISAで用意する目標金額を明確にしよう

つみたてNISAを活用することで、10年後や20年後といった将来にまとまったお金を準備することができますが、実際に積立投資をするために選んだ投資信託などによって、最終的な資産形成金額はすべて異なります。

また、積立投資をする上で、それぞれがお持ちの考え方も異なり、たとえば、とにかくお金を減らしたくない方、それなりにまとまったお金を準備したい方、できる限り大きなお金を準備したい方の考え方や目標金額によって、選ぶべき投資信託などが変わってきます。

 

つみたてNISAの期待効果を積立金額ごとに紹介

つみたてNISAが将来のお金を準備しやすいとはいえ、具体的にどのくらいの金額が貯められるのかわからなければ始めようがないと思います。

そこで、先に紹介したつみたてNISAで成功するためのステップをすべて守っているという前提で、つみたてNISAの期待効果を毎月の積立金額ごとに紹介します。

なお、期待効果の金額は、20年間に渡ってつみたてNISAを継続したものとし、途中換金しなかったものとします。

 

毎月の

積立金額

20年後の概算金額

(とにかくお金を減らしたくないタイプの方)

20年後の概算金額

(それなりにまとまったお金を準備したい方)

20年後の概算金額

(できる限り大きなお金を準備したい方)

100円 32,830円 41,103円 58,902円
500円 164,151円 205,517円 294,510円
1000円 328,302円 411,034円 589,020円
3000円 984,906円 1,233,101円 1,767,061円
5000円 1,641,510円 2,055,168円 2,945,102円
10000円 3,283,020円 4,110,337円 5,890,204円
15000円 4,924,530円 6,165,505円 8,835,306円
20000円 6,566,040円 8,220,673円 11,780,408円
25000円 8,207,550円 10,275,842円 14,725,510円
30000円 9,849,060円 12,331,010円 17,670,612円
33000円 10,833,966円 13,564,111円 19,437,674円

たとえば、20年後に1000万円を準備したいのであれば、上記表を見ることで、どのように積立して投資をすれば良いのか大まかな部分を簡単に把握することができます。

  • ローリスク・ローリターンを希望の方:毎月33,000円の積立で可能
  • ミドルリスク・ミドルリターンを希望の方:毎月25,000円以上の積立で可能
  • ハイリスク・ハイリターンを希望の方:毎月20,000円以上の積立で可能

これまで紹介した3つのステップを振り返りつつ、上記表の金額をあてはめて、計画的につみたてNISAを始めることをおすすめします。

 

つみたてNISAは、FPなどの専門家へ相談して始めよう

つみたてNISAを始めるには、金融機関でNISA口座と呼ばれる専用の口座を無料で開設をする必要があるのですが、つみたてNISAで投資をすることができる投資信託の種類は、金融機関によって異なります。

そのため、どこでNISA口座を開設するのが良いのか、自分の目標を達成するには、どのような投資信託を選んで積立する必要があるのか、FPなどの専門家へ相談して始められることをおすすめします。

そのためにも、これまで紹介した3つのステップは、できる限り明確にしておくことが望ましいと言えます。

 

まとめ

冒頭では、家計のお金をできる限り多く手元に残すためには、スポーツの勝ち負けと同じように、作戦を立てて攻めと守りのバランスを上手く活用しなければならないことをお伝えしました。

仮に、毎月の積立で将来のお金を準備することを考えた時、つみたてNISAは、攻め、積立預金は守りといった位置付けで家計のお金を考えてみることを筆者は強くおすすめします。

スポーツで勝負に勝つためには、攻めと守りのバランスが重要であるように、豊かな家計を築くためには、手元にあるお金を攻めと守りで賢く工夫した家計作りがとても大切なのです。

 

こちらもおすすめ☆

老後資金の準備はiDeCoで簡単解決!30代女性が知っておくべきポイントをFPが解説

将来のお金を貯めるためのトレンド!大人女子がおさえるつみたてNISAのポイントまとめ

独立系FPが経験則を紹介!節約をしているのに貯金ができない人の共通点と対策方法☆

内容について運営スタッフに報告