直火もオーブンもOK!一流シェフも愛用する鍋【staub/ストウブ】を使いこなそう♪

コトコト煮込み料理を作ったり、オーブンを使うのが楽しい季節になりました。出来上がったお料理は、形を崩さずに温かいまま、テーブルに出したいですね。そこで、そんな望みを叶えてくれる、直火にもオーブンにも対応していて、一流シェフも愛用しているスタイリッシュな鍋、【staub/ストウブ】をご紹介させていただきます。

2015/11/20 更新
著者:
直火もオーブンもOK!一流シェフも愛用する鍋【staub/ストウブ】を使いこなそう♪

著者名

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。

コトコト煮込み料理を作ったり、オーブンを使うのが楽しい季節になりました。出来上がったお料理は、形を崩さずに温かいまま、テーブルに出したいですね。そこで、そんな望みを叶えてくれる、直火にもオーブンにも対応していて、一流シェフも愛用しているスタイリッシュな鍋、【staub/ストウブ】をご紹介させていただきます。

【staub/ストウブ】の構造とその秘密

ストウブのいちばんの特徴は、蓋の裏側の、『ピコ』と呼ばれる突起と、内側の『黒マットエマイユ加工』です。食品から出る旨味を含んだ蒸気を『ピコ』がまんべんなく対流させるので、食材自体がもつ美味しさを逃がしません。それゆえ、少ない煮汁でもとてもジューシーな仕上がり♪そして、鍋の内側の『黒マットエマイユ加工』のざらざらした表面は、オイルの馴染みがよく、食材が焦げ付きにくい仕組みになっています。

 

お手入れで気を付けたいポイント

ストウブ鍋をかき混ぜるときには、内側がキズつかないように、木べらやゴムベラを使いましょう。たわしや研磨剤、漂白剤などの使用も避け、洗剤とスポンジでやさしく洗いましょう。洗い終わった後は、乾いてから鍋の内側にオイルを塗って保管します、3日以上使わないときは、鍋と蓋の間にふきんなどで仕切りをして、錆びないように気を付けましょう。そんな風に大切にケアすることで、一生、いえ、何世代にも渡って使い続けることが可能になります。


 

広告

 

テーブルにそのまま出せる、おしゃれな形とカラー♪

コーディネートしやすいグレー

たくさんのカラーバリエーションがあるストウブですが、よくお見かけするのはこちらのグレーです。どんなテーブルウェアともコーディネートしやすい、ベーシックで飽きのこない美しいカラ―です。


 

男性にも人気のブラック

お料理がお好きな男性へのプレゼントなら、こちらのブラックが最適ですね。


 

いくつも揃えたい、ピコ・ココット ラウンド 10cm

10cmの鍋?と思われるかもしれませんが、これがとても便利なのです。ストウブなら、こちらのサイズで一人分のお料理も、美味しく仕上げることができます。


 

 可愛いハート型もあります

丸ごとオーブンに入れられるストウブですが、こんな可愛いデザインもあるんです。ヴァレンタインのケーキなど焼いて、お鍋ごと持って行ったら素敵ですね。


 

セラミックのハートココット

こちらはセラミックのハートココットです。デザートや前菜などのテーブルウェアとして活躍します。


 

今すぐトライしたい素敵なお料理

チキンポットパイ

先にご紹介した10cmのお鍋のお色違いです。どうでしょう、この可愛らしさ。。シチューにパイ生地をかぶせたらそのままオーブンへ!美味しいチキンポットパイの出来上がりです。


 

丸ごとオーブンに入れて大活躍

大きなお肉も焦げ目をつけたらそのまま蓋をしてオーブンへ!ピコのおかげで素材に含まれた旨みを逃さずに水分を対流させ、ジューシーな仕上がりになります。


 

デザートだっておまかせです

美味しそう、そしてスタイリッシュ。。思い切りおしゃれな演出ですね。


 

パンも焼けてしまうんです♪

オーブンペーパーを敷いて、パンを焼いてみましょう。その他、キッシュやスフレなども美味しく出来上がります。


 

サイズで迷ったら。。

とにかく、たくさんのカラーとサイズがあるストウブなので、購入するときは迷ってしまうと思いますが、はじめてのストウブは、20cmの丸い形を選ぶとよろしいかと思います。ご飯なら3合炊けますし、2~4人分のカレーやシチューを作るのにも最適なサイズです。まだ、お使いになられた事がない方は、ぜひ、ストウブデビューしてみてくださいね。

 

こちらもオススメ☆

シェアしよう!

関連タグ