ずーっと綺麗なままが嬉しい♡プリザーブドフラワーで素敵インテリア

プリザーブドフラワーってご存知ですか?水やりしなくてもOK!枯れちゃうこともありません。手間がかからず、綺麗なままだなんて嬉しいですね。素敵な飾り方をご紹介します。

2015/11/04 更新
著者:
ずーっと綺麗なままが嬉しい♡プリザーブドフラワーで素敵インテリア

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

 プリザーブドフラワーとは?

「枯れない花」といわれるプリザーブドフラワー。どんなメリットデメリットがあるのでしょうか?


 

広告

 

プリザーブドフラワーのメリット☆デメリット


  • メリット:水やりの必要がなく、枯れる心配もありません。保存状態がよければ十数年、楽しむことができます。
  • デメリット:高温多湿に弱く、色写りがしやすい傾向があります。また、特殊技術で加工しているため生花よりも高価になってしまいます。

 

可愛いプリザーブドフラワーいろいろ♡

ローズと手鞠のリースです。リンゴの飾りがポイントです。花はそのままだったり「開花」させていたり変化をつけています。バイカラーの手鞠が可愛らしいです。色味が大人カラーのグリーンで素敵です。


 

深みのあるピンクが大人っぽいですね。丸みが可愛らしいトピアリー、3つ並ぶとさらに可愛さ倍増ですね。プレゼントにも喜ばれそうです。


 

花冠にしてオブジェに飾っています。さりげなく置いてるだけでも綺麗ですよね。


 

実際に髪飾りとしてもとても素敵です。パーティーなど華やかな集まりにぴったりです。お友達と色違いでつけたらキュートですよ。


 

ケースに入れて壁に飾る、こんな飾り方も素敵ですね。ケースに入れてるのでとても綺麗ないい状態を維持できますね。


 

プリザーブドフラワーはウェディングでもよく使われます。花の色が現実にはない色を作れるのがプリザーブドフラワーの魅力の一つです。これはベージュピンクの上品なウェディングブーケです。


 

お正月のしめ縄などの飾りにもプリザーブドフラワーは使われます。色味をシックにまとめてカッコいいしめ縄飾りにしたいですね。


 

クリスマスには赤をメインにクリスマスアイテムと一緒にゴージャスなアレンジを楽しむのもいいですね。


 

プリザーブドフラワーとアートフラワーのハートのリングピローです。中央のリボンにリングを通して使用します。ピンクのグラデーションが可愛らしく、キャンドルとの相性も抜群に素敵です。


 

様々な使い方、飾り方があるプリザーブドフラワー。お部屋中、お花でいっぱいにしてみたいですね。枯れない花、プリザーブドフラワーをぜひ楽しんでみてください。

シェアしよう!

関連タグ