癒しのベッドルームはどう作る?良い睡眠のためにインテリアにもこだわろう。

毎日健康に過ごすためには質の良い食事と睡眠は欠かせません。良い睡眠のためには良い寝具、リラックスできる空間を作ることが大事です。毎日ちゃんと眠れる癒しのベッドルームをご紹介します。

2016/07/18更新
癒しのベッドルームはどう作る?良い睡眠のためにインテリアにもこだわろう。

美人になるには質の良い眠りが必要不可欠

眠りは健康に大きく影響します。お肌、髪質をぷるつやでいるためにも質の良い睡眠を心がけましょう。そして、ただ、眠るだけではなく、リラックスして気持ち良くなれる寝室を作るためにはどうすればいいでしょうか。センスのいい素敵な寝室を集めてみました。ベッドルームのインテリアの参考にしてください。

 

真似したい!素敵なベッドルーム

ホテルの客室のような、センスのいい美しい寝室です。大きな窓からは適度な光が差し込んで、白いインテリアをさらに明るくしています。上品な色使いも素敵です。


 

広告

 

シャビーシックなベッドルームが素敵です。気持ち良さそうな白のシーツ、ベッドサイドの綺麗な雑貨、お姫様になった気分で眠りにつけそうなインテリアは女子力アップの効果が期待できますね。


 

壁紙が美しい寝室です。休日はベッドでまったりするのもいいですね。珈琲の香りに包まれてお気に入りの本を読みます。


 

決して広くない寝室でもスペースを上手く使って快適な空間を作っています。明るい花柄の壁紙と、好きな色のファブリックはやっぱり嬉しくなりますね。


 

一風変わったスタイルの寝室です。高い天井にシャンデリアがありますが決して豪華な雰囲気ではなく、ダークカラーでまとめた大人っぽいスタイルです。サイドテーブルのアロマオイルで香りを演出してリラックスタイムを。


 

クッションがたくさんあるとフワフワ感で気持ちいいですよね。レンガの壁にアーチ型の窓からは一面緑が見えます。こんなリラックスできる素敵な寝室羨ましいですね。


 

洗練されたハイセンスなインテリアです。壁にかけられたフレームとサイドテーブルの脚がゴールドというところが女性らしい雰囲気をだします。個性的な照明もカッコいいですね。


 

大きな窓から注ぐ日差しが気持ちいい空間です。ベッドが低く、アートも床置きなので全てが低くまとまっているため、部屋がさらに広く感じます。


 

涼しげな大人色でまとめた、センスのいい寝室です。好きなアートを飾って美意識を高め、エネルギーを養うようなベッドルームですね。


 

フローリングの色と深い青がとてもよくあったカッコいいベッドルームです。壁のフレームの飾り方や観葉植物の置き方など真似ができそうですね。


 

照明がユニークな寝室ですね。壁に掛けられた電球は間接照明として、夜はいい雰囲気をだしてくれそうです。いかがでしたか?リラックスできる寝室を作ることは良い睡眠のために必要なことです。「気持ちよく、お洒落に、美しく」を目指して素敵なベッドルームを作りましょう。


 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/213315

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。