海外のおしゃれな部屋から学ぶ!より快適なベッドルームのアイデア☆

近年は日本でも不眠などで悩む人も少なくないですが、ぐっすり眠れる快適なベッドルームは必須です。おしゃれさもだけど快適さも重視したいという海外の大人女子の素敵なベッドルームをご紹介します。

2016/08/19 更新
海外のおしゃれな部屋から学ぶ!より快適なベッドルームのアイデア☆

ぐっすりと眠れる快適なベッドルームは皆の憧れ!

近年は日本でも不眠などで悩む人も少なくないですが、ぐっすり眠れる快適なベッドルームは必須です。おしゃれさもだけど快適さも重視したいという海外の大人女子の素敵なベッドルームをご紹介します。

 

安眠できる海外のおしゃれなベッドルーム

シンプルなベッドルームがやっぱり素敵。白いシーツやクリーンなイメージを与えるブルーなどを取り入れるのがよいでしょう。


 

いろいろな柄を取り入れるにしても色に統一感があるとごちゃごちゃしない。ブルーも清潔感が合って気持ちがよい。


 

広告

 

違った花柄をミックスさせていても色使いが上手だとうるさくない。温かみのある木のぬくもりも取り入れながら田舎のやさしさも感じるようなインテリアコーディネートが素敵です。


 

ヴィンテージミックスも素敵です。ヴィンテージスタイルにもさまざまなものがありますので、ベッドルームには自分が落ち着けるようなアイテムを取り入れましょう。


 

狭い部屋にはカーテンも上手く利用しましょう。白ならクリーンなイメージを与えることができます。


 

レースのカーテンもとてもおしゃれです。ライトなども飾れば間接照明の飾りにもなりますのでとってもおしゃれです。


 

やさしい色合いと肌触りのよいテキスタイルも心地よい。


 

フローリングだとラグマットも欲しいですね。ラグにも種類があり選ぶものによって部屋の雰囲気が変わりますので部屋に合うラグマットを選びましょう。


 

フレンチキルトもおしゃれです。キルトにもさまざまな種類がありますので自分の好きなものを選ぶとよいでしょう。


 

まつぼっくりなどの自然のものを飾るのも安らげます。庭や道端などで拾ってきた草花などを飾ってもよいし季節のものを取り入れるのも素敵です。


枕元に花を飾るのが好きな人もいるでしょう。かわいい花に癒されますよね!


 

 

ハンモックチェアはお部屋のアクセントにもなります。


 

大きなヘッドボードも欧米では一般的です。日本でも最近商品の数が増えてきました。


 

大きなカウチや大きなピローも必須アイテム。これはベッドルームが広々としていないと邪魔なだけだけど、大きめなピローなどもあると寝る前などによりかかったりしてリラックスできます。


 

日本ではフレンチスタイルのシャビーシックな白い部屋がよく話題になっていますが、フランスではグレーを取り入れたシャビーシックも人気です。


 

まとめ

海外でも快適なベッドルームには定義のようなものがあり、より多くの人に選ばれて取り入れられている定番アイテムもたくさんありましたね!インテリアコーディネートの基本としては、色は白を基調としていたり落ち着いた色でどの部屋もクリーンな雰囲気がありました。あまりごちゃごちゃしていない方が眠りにつきやすいのかもしれませんね。

ただ、かわいい雰囲気が好きな人は花を飾ったり柄物のベッドシーツを取り入れたりするのもよいでしょうし、シンプルな雰囲気が好きな人は無地で清潔感のあるベッドシーツなどを取り入れるのもよいでしょう。自分の好みに合わせた空間作りは忘れないでいたいですね。ベッドルームの大きさに関係なくやはり快適な睡眠のためには安らげる空間が必要ですから、自分がくつろげるような雰囲気作りが必要です。くつろげる雰囲気のためにはおしゃれな雰囲気を重視するだけではなく快適な眠りをサポートできるようなアイテムを選ぶことが大切ですし、見た目だけではなく肌触りのよい素材や寝心地のよいマットや枕を選んだりすることも必要です。

部屋の模様替えをしただけで不眠症の人が症状をよくすることができる人もいますから、特にそういった問題を抱えている人には快適なベッドルーム作りがおすすめですしさらにおしゃれに見えるように海外の素敵なインテリアコーディネートを参考にしながら部屋作りをしていくようにするとよいでしょう。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!