快適なキッチンは収納から始まります!賢い収納テクニック♪

キッチン収納テクニックを紹介しています。キッチンツールやお皿などは、形がバラバラ、どのように整理するか、悩みますよね。賢いテクニックを知ることで、解決すのヒントにしてください。

2016/07/16 更新
快適なキッチンは収納から始まります!賢い収納テクニック♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

家の中で、キッチンほど多くの道具を使う場所はないと思うんです。放っておくと散らかってゴチャゴチャしてしまうからこそ、収納の工夫が大事なんですね。美しく快適にキッチンをキープするための収納テクニックを集めてみました。

透けるディッシュラック

四方に組まれたフレームに、ストリング(紐)を張って作るディッシュラックがとてもクレバー!細い線材で構成されているので、採光を邪魔せず、乾きもいいというメリットも見逃せませんね。


 

広告

 

隙間を見逃ないウォールシェルフ

キッチンでは薄い空間も収納として大活躍するっていうのはもはや常識!?キッチンツールを掛けるロングバーと、上部キャビネットの隙間に空いている空間を小さな棚として利用しています。お皿やマグカップ、スパイスなど、毎日使うアイテムを置いておくのに便利ですね。


 

ガラスのジャーは空中に浮かせる

ガラス容器を賢くスペーシング!見た目もカラフルで素敵ですね。このテクニックは、容器のフタをネジで止めておくのがポイント。回して締めると、容器が宙吊りになるという仕組みです。明日からでも、簡単に取り入れられます~。


 

引き出しを賢く使う

まな板がトレーになっているのにも驚きですが、下の生ごみ容器も引き出して使う仕組みに。キッチンワークを快適にするには、こういったディテールを工夫して、作業のストレスを減らすのが大事ですよね!


 

オープンキャビネットはこれからのトレンド!

ステンレスの本格的なキッチンが世間でも取り入れられている通り、プロ仕様のスタイルはこれからのトレンド。キャビネット下を一括オープンに!使い方も自在にアレンジできますし、道具にもこだわりたいと思えるようになりますね。


 

見逃しすとモッタイナイ!冷蔵庫の上スペース

冷蔵庫って、買えば10年くらいは使うものですよね。上にスペースが余っているなら、必ず収納として使い切るのがオススメです。あと少し収納があればなぁ~という願望に応えてくれますよ~。


 

懐かしくも使いやすい!ウォールラック

レトロ系のキチンインテリアを志向するなら、金属の横バーは好みではないかもしれません。そんな時に思い出して欲しい、絵本を掛けるような仕掛けのウォールラックです。まな板、お皿、鍋蓋など、掛けられるものは多数!そして取りやすさも抜群ですよ~。


 

おわりに

細々としたアイデアかもしれませんが、ひとつでも取り入れれば、キッチンの収納に特徴が生まれますよね。その収納が軸となって、周辺のインテリアをどうするかも決めやすくなっていくものです。気に入ったものを参考にしてもらえれば幸いです~!

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!