柔らかい光に1日の疲れも癒される~間接照明を部屋に置いてみよう♪

もうすぐ秋。秋の夜長には部屋の間接照明をひとつ灯してちょっとのんびりして過ごしてみませんか。柔らかい優しい光にきっと癒されるはず。今回はディスプレイタイプの間接照明のお部屋をご紹介します。

2016/08/22更新
柔らかい光に1日の疲れも癒される~間接照明を部屋に置いてみよう♪

夜、疲れて家に帰って着替えて、やっと一息つける、そんな時。部屋の明かりを全部点けずに、間接照明をポツンとひとつだけ点けてみる。温かい飲み物でも淹れて、さぁ、ホッとする時間が始まります。

 

広告

 

どんな間接照明があるの?

さて。間接照明とひとくちに言っても、その用途、デザインは様々!デザインや大きさによってディスプレイの仕方が変わってきます。みんなどんな間接照明をどんな風にディスプレイしてるのでしょうか??

 

床に直接置いてみよう♪

デザインの少し凝った照明なら暗くなってから点けるのがひとつの楽しみに。壁に映し出される光の模様を見つめながら、ゆっくり音楽でも聞きましょう♪


 

テレビボードとチェストの後ろ側、見えない部分に間接照明を設置したディスプレイ。照明器具は見えないけれど、光だけが後ろ側から漏れてくることによって、周りのインテリアをふんわりと浮き上がらせてくれます。


 

ソファのすぐ横に間接照明を置いてみましょう。手元まで適度に光が届くから、お気に入りの雑誌を読みながらリラックスタイムを♪


 

観葉植物と一緒に置いてみよう♪


 

間接照明と植物を一緒にディスプレイするのはオススメのひとつ!照明と植物って、光にグリーンが映えるからすごく合うんです!暗くなってから灯すと、植物の枝葉の陰影が壁に映って部屋の雰囲気も一変。植物をどこに置くかで雰囲気が変わるので気分で場所を変えてみてもいいですね♪


 

ガーランド照明を取り入れてみる♪

可愛らしい星モチーフのガーランド照明を流れるようにディスプレイ。カウンターやテーブルの上にまるで小さな天の川でもできたイメージでしょうか。小さいガーランド照明なら、片付けも容易なので、使いたい時にだけ出して雰囲気を楽しむという方法も♪


 

フェイクグリーンと一緒に吊るすと、ライトがまるで花のよう!ガーランド照明にはLEDのライトが選べる物も多いので、ディスプレイに合わせて色を替えてみるのもいいですね。


 


 

最近流行りのウォールステッカーに合わせて、白の小花モチーフのガーランド照明を。ステッカーと小物との相性がバッチリですね。


 

ガーランド照明は、小さな照明が線で繋がった、掛けても置いても使える優れ物の照明。形や色も様々で、最近では100円ショップで見掛けることも!小さいので使いやすく、使い方次第でインテリアのアクセントにもなるので、間接照明初心者さんにはオススメの照明です。

 

手作りボトルライトを置いてみる♪


 

お気に入りの空き瓶や、今流行りのメイソンジャーを使ってボトルライトを作るのも素敵♪中に裸電球を入れて本格的にぶら下げてもいいし、ディスプレイしただけのメイソンジャーに、ガーランド照明のLED電球を中に入れるだけでも立派な間接照明の出来上がり!!


 

まとめ

間接照明とひとくちに言っても、種類はまだまだあるんです。最近では、壁や天井に溝や凹みを作った、はめ込み型の間接照明も多く見かけますが、それらは家を建てる時に注文したり、もしくはすでに設計に組み込まれていたりするものなので、後からだとこういったディスプレイするタイプの間接照明を部屋に置くのがオススメです。自分だけの柔らかい光でリラックスする空間、間接照明でぜひ作ってみませんか?

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/251202

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!