残った端材で作れるディスプレイのアイデア

今回は、残った端材で作るディスプレイの作り方をご紹介します。簡単にできていろいろなものに使えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

公開日:
残った端材で作れるディスプレイのアイデア

著者名

フェリシモ女子DIY部

フェリシモ女子DIY部専門家

DIYなら、自分の暮らしにぴたっとハマるが作れる!DIY初心者がほとんどのフェリシモ女子DIY部員が、いろんなDIYに挑戦。失敗談も織り交ぜつつ、初心者だからこそぶち当たるDIYの壁や、乗り越え方など、みなさまと一緒に探っていきます!

こんにちは。フェリシモ女子DIY部のともです。

去年の9月から今年の9月まで一年間、神戸新聞の夕刊連載でいろんなものをDIYしてきました。

(★今月から新連載が始まったので、ぜひチェックしてくださいね)

一年間が終わり、ふとあたりを見まわすと……「なんかいろいろ使えそうな端材がいっぱいある!!」

ということで、今回は端材で作る簡単なDIYに挑戦します^^

残った端材でディスプレイDIY

用意した材料はこちら。

いい感じのサイズに余っていた板 1枚

100円ショップで買ったアイアンのバー 1本

工具はブラックアンドデッカーのマルチエボとビス、塗装用にアンティークワックスとウエスを用意しました。


 

 

さっそく作りますよ~。

まずは板に色を塗っていきます。

ウエスにアンティークワックスを付けて伸ばします。

においも気になりにくいし、固練りだから扱いもらくちん~♪


 

塗り終わりました!

ワックスを塗るだけで、適当な板もいい感じの高見えする木材になるからすごい!!

ここでワンポイントアドバイス。


 

ワックスを塗るときは、手袋必須ー!!

私はうっかり忘れて、手をワックスまみれにしましたよ。

洗えばちゃんと落ちます^^


 

ワックスが乾いたら、板とアイアンのバーをブラックアンドデッカーのマルチエボでビス留めしていきます。

このビス留めをする位置で板の角度が変わってくるので、お好みの角度に調整してくださいね。

※右手にブラデカ、左手に一眼レフを持っていたので全然写真がうまく撮れませんでした。

ビス留めが終わったら……


 

完成です!

めちゃくちゃ簡単!!

作業にかかった時間は約1時間、あっという間にできちゃうお手軽DIY。

ちなみに作業時間の内訳は、作業:40分、手についたワックスを落とす:20分、でした。

この盾、実はあるものを飾るために急いで作ったのでした。

それは……


 

じゃーん。こちらのリングピローです。

実はこのあいだ結婚式だったんです、自分の。

そして、友だちに作ってもらったこの素敵リングピロー。

(まずこのリングピローの作り方知りたいですよね!!!!!)

いい感じにディスプレイできないかな~ってことで、今回、端材を使って盾を作ってみました。


 

リングピローを飾った状態がこちら^^

ドライフラワーとアンティークワックスを塗った木材の風合いが偶然あった端材だけど、いい感じにサイズが合っててよかったよかった^^


 

今回はリングピローをディスプレイしておりますが、そのほかにも

・フックを付けてアクセサリーをかけておいたり。

・よく使うカギなどをかけておいたり。

・おしゃれなポストカードを飾ってみたり。

いろんな使い方ができますよ^^

また、賃貸にお住いの方は、壁に穴をあけられない場合も多いのではないでしょうか。

そんなときにも、この盾ならくぎ打ち放題、穴あけ放題。

壁掛け時計を飾ってみたり、幅広くご活用いただけること間違いなし。

あまった端材にプラスワンするだけで、しっかり使える雑貨に大変身♪

以上、「残った端材で作れるディスプレイのアイデア」でした^^

 

・本記事で紹介した商品はこちら

ブラック・アンド・デッカー マルチエボ コードレスマルチツールベーシック 18Vリチウム

アンティークワックス チーク 120g

提供元:フェリシモ女子DIY部

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告