ずっと埋もれていたい♡ふわふわクッションのお洒落で心地よい使い方とは?

インテリア雑誌やショップなどでよく見かけるクッション。ソファやベッドの上にいくつも並べて置いてありますよね。快適なクッションの使い方、お洒落な組み合わせ方や飾り方をご紹介します。

2016/08/27更新
ずっと埋もれていたい♡ふわふわクッションのお洒落で心地よい使い方とは?

クッションをどんな風に使う?

出典:https://www.pinterest.com/

普段、クッションをどんな時にどんな風に使いますか?

  • お昼寝やごろんと横になった時の枕がわりに。
  • ソファーに座って携帯をみたり本を読んだりするときに腕の支えとして膝の上にのせる。
  • ソファーに座ったときにできる背中の空間を埋める
  • 赤ちゃんに授乳するときに腕がだるくならないように腕と膝のあいだに置く

など、他にもいろいろ使い方はありそうですね。普段の生活を少しでも快適にするように、クッションは毎日の生活に役立っています。

 

広告

 

クッションをインテリアとして使う

また、クッションはお部屋のアクセントになったり、カバーをつけることで簡単に雰囲気を変えることができます。クッションをインテリアとして置く場合、どんな風にどこに置けばお洒落になるのでしょうか?クッションの使い方がとっても素敵なお部屋をご紹介します。ぜひ真似してみてください!


 

クッションの素敵な置き方

グレーのソファーが大人っぽく上品です。クッションはグレーや黒という系列のカラーだけは揃えて、柄はあえてバラバラにしています。また、どのクッションもクッション全面に柄があるものにしていますね。


 

グレーのソファーと濃い青がとても美しいです。複雑な柄のクッションですが同じようなテイストの雑貨を近くに置くことで部屋のアクセントになると同時に統一感も生まれます。


 

鮮やかな色が印象的なにぎやかに感じる部屋です。クッションの色はどれも部屋にあるものと同じにしています。紫はカーペット、ピンクはウォールデコの花、黄色は鏡の淵。部屋のどこかと色を揃えることで全体がまとまってみえてきます。


 

個性的なインテリアです。シャビーシックな雰囲気の家具なのに、クッションは鮮やかな色合いの花柄です。たくさんあるクッションの中で花だけが同じで色や模様はバラバラです。あえて家具とクッションと対照的な雰囲気をだしているのでしょうか。とても個性的ですね。


 

クッションというよりは、おもちゃに近いのかもしれません。こんなにたくさんの可愛らしいクッションがある子供部屋が羨ましいですね。様々なクッションをあえてランダムに置くことでにぎやかな感じがでています。こんなクッションを手作りするのも楽しいかも。


 

ホテルの一室のようなラグジュアリーな雰囲気です。ベージュのソファーに黒の柄のクッションが大人コーデですね。ソファーやサイドテーブルの脚先が細くなっていると女性らしい繊細な印象になります。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。