【unico / ウニコ】大好き!ハイセンスコーデ投稿「ROOM GRANDPRIX 2015」ご紹介します♪

unicoという家具ブランドをご存じですか。“ハイセンスな家具をリーズナブルに”を志すunico は、「ROOM GRANDPRIX」というイベントをネット上で開催してユーザーへの感謝を形にしています。開催中のグランプリ2015をご紹介しますね。

2015/09/23更新
【unico / ウニコ】大好き!ハイセンスコーデ投稿「ROOM  GRANDPRIX 2015」ご紹介します♪

unico(ウニコ)という家具ブランドをご存知ですか。

あなたの「たった1つ」になりたいというブランド。

ただひとつ、という名前の部屋で。目には見えない、自分らしさのようなもの。それをずっと、近くに感じて暮らしていたい。“unico”はイタリア語で「たったひとつの」「大切な」「ユニークな」などの意味を持つ言葉。ここで、あなたの「たったひとつ」を見つけてください。

http://unico-lifestyle.com/Concept/index.html


と呼びかけるunico は、“高感度ファニチュアをリーズナブルな価格で提供します。”とオンラインショップでも明言しているユーザー目線のブランド。

また毎年「ROOM GRANDPRIX」というイベントを開催してunico を愛するユーザーに寄り添い感謝を形にしようとしています。

昨年のグランプリ

こちらは昨年度のグランプリ。unico好きの人にとってunicoで埋まったお部屋を「unico room」と呼び習わすのは通例ですが、こちらのお宅は「unico room」どころでなく「unico house」だそう。ミッドセンチュリーふうのステキなリビングですね。

今年もお部屋グランプリ2015 が開催され、11/8まで投稿を受け付けています。どの方のお部屋もプロ顔負けのハイセンスなコーデ。どんな感じなのか、unicoの代表的なインテリアシリーズとともにちょっとご紹介しますね。unicoが初めての方も、ぜひご覧になってみてください♫


 

広告

 

「ROOM GRANDPRIX 2015」投稿作品から/リビング

VISKAシリーズのソファ

こちらは投稿作品です。“ウニコの家具は、飽きない”とおっしゃる投稿者の方。こちらのリビングダイニングは、コーヒーテーブル以外すべてウニコ。ここは癒やしの空間だそうです。童話の中みたいに優しい空間ですね。

ソファ以外はすべて同じシリーズです。なので木目の色合いがそろっています。カーテンもソファの張地と同じカラーで、すばらしい統一感の出ているお部屋ですね。


 

VISKA(ヴィスカ)「カバーリングソファ 2シーター/ベージュ」

こちらが上の投稿作品に登場するVISKA(ヴィスカ)シリーズのソファです。座り心地やフォルムにもこだわっているという、見るも優し、くつろいで座れそうなソファですね。投稿作品はまるで森の中にあるリビングのようです。


 

ALBERO(アルベロ)シリーズのソファ

こちらは投稿作品です。ALBERO(アルベロ)シリーズのソファとオットマンのあるリビング。アームがないので腰掛けやすそうです。帰ってきて、ぐたっと手足を伸ばしてうつぶせたり、いろんな姿勢でくつろげそうですね。まあるいローテーブルもウニコです。

ソファの背でダイニング空間とリビングを間仕切りしています。お花柄のラグもあるので、ダイニングとリビング空間がはっきりと分けられています。すっきりとして居心地のよさそうな北欧ふうリビングですね。


 

ALBERO(アルベロ) カバーリングソファ 3シーター

こちらが投稿作品に登場するALBERO(アルベロ)シリーズのソファです。適切なかたさの座面が座り心地を快適に保つという北欧ふうソファ。柔らかすぎるソファは座っているとむしろ疲れるそうです。


 

こちらはALBEROソファのHPおスススメコーデ。こちらは2シーター(2人がけ)です。ひとり暮らしのお部屋にこんなソファ空間があったら帰る足取りが軽くなってしまいそう。


 

QUEUE(キュー)シリーズのソファ

こちらは投稿作品です。北欧ふうにホワイト・ブラウン・ブルーの対比がスッキリして美しいですね。ソファとAVボード、キャビネットもunicoです。パネルも楽しい差し色をそえて、北欧テイストにきれいに統一されたリビング空間ですね。


 

QUEUE(キュー) ソファ 3シーター

こちらが投稿作品に出てくるQUEUE(キュー)シリーズのソファです。座面のキルティングがかわいいですね。 投稿写真ではわかりませんが、実はこのようなローソファ(低いソファ)なのでゆったり気分でくつろげます。3人掛けは横にこんなにワイド。リビングを広々見せる効果も大です。4つの付属クッションで掛け心地も調節できますね。


 

こちらはQUEUEソファのHPおススメコーデです。2シーター(2人がけ)とオットマンです。いかにもくつろぎやすそうなソファ。ひとり暮らしのワンルームにこんなソファがあったらいいですね。ここで足を投げ出して、眠るまでゆっくりと癒やしの時間を過ごせそうです。


 

FIVE(ファイブ) シリーズのソファ

こちらは投稿作品です。ナチュラル感の心地よい落ち着いたリビングですね。格子ラインがカッコいいAVボード、キャビネット、ローテーブルはやはりウニコのLIJN(レイン)というシリーズのものです。ソファのグレーに似合うチョコレート色がとてもシックですね。


 

FIVE(ファイブ) ソファ 2シーター

こちらが投稿作品に登場するFIVE(ファイブ)シリーズのソファです。初めて見るのに何だか懐かしい感じがしませんか。というのもこちらは1950年代のデザインの復刻版なのです。その郷愁をさそうレトロ感はどんなお部屋にもなじみやすいですし、レトロカフェふうのソファスペースを作るのにもぴったりなんです。小さいスペースにもするっとおさまれるというキュートなソファ。座り心地にもこだわってます☆


 

こちらはHPのおススメコーデ。ほっこりするおうちカフェ空間もこんなソファがあったらワンルームに現実のものに。帰ってほっとくつろげるティータイムの夢が叶います。


 

こちらもHPのおススメ。ひとりがけと向かい合わせれば、だれもが「懐かしい」「ここで話をしながらゆっくりくつろいでみたい」と感じられるリビングが。


1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!