床でデコるインテリア♪工夫次第でこんなに豊か☆しかも快適に使えます

床でできるデコレーションの可能性は?素材を切り替えてゾーニングを作ったり、塗装やステンシルでパターンを加えたりと、方法はさまざま。個性的な床でインテリアを楽しみたい方に~。

2016/11/13更新
床でデコるインテリア♪工夫次第でこんなに豊か☆しかも快適に使えます

リノベーションでも新築でも、床はフローリングと相場を決めてしまっていませんか?フローリング以外の素材を組み合わせたり、貼り方のパターンや、デコレーションで工夫してみるのはいかがでしょう?単一素材を選んで貼るだけでは満足できない~という人のために、ユニークかつ快適に使える床デザインを集めてみました。

フローリングにタイルを合わせる

ウッドのフローリングとヘキサ(六角形)パターンのタイルが交じり合うだけではなく、その交わりのラインの曖昧さがユニーク。ダイニングのゾーンをファジーに囲うことで生まれる緩い領域は、陸と海の関係のようなナチュラルさに近いかもしれません。


 

広告

 

素材の違いが面白いです

上から見たところです。タイルとウッド、歩いたときの硬さの違いまで想像できますね。水がこぼれることも考えると、素材選びとしても合理的です。


 

パターンとペイントで不思議なインテリアに

平行四辺形のパターンがとてもシャープ。カットのユニークさに加えて、ナチュラルな仕上げと白塗り仕上げがランダムに入り組むデザインです。木目が生まれては消える不思議な感覚に浸れそうなインテリア。


 

合理的でもある!フローリングからタイルに徐々に変化

お風呂回りにも、床素材の切り替えでユニークな事例が。ウッドのフローリングから白いタイルへ、次第に切り替えることで、水回りゾーンへの導入をスムーズな体験にすることができそう。タイルとフローリングのサイズを同じすることがこのアイデアの重要なポイントです。


 

フローリングのデコレーション術

異なる素材を組み合わせたりするのは大変…という方には、ステンシルというテクニックもあります。既存の床を生かしながら加えることもできるので、DIYにもピッタリです。


 

かなりローテク…こんな風に作ります

超の付くローテクですね。型紙を用意して、塗料を塗ったり吹き付けたりして進めていきます。お休みの日に少しずつ進めるにはいいかもしれませんね~。


 

フェイクでつくる模様が面白い

透明な絨毯を敷いているみたいで、ステンシルデコレーション。こんな「フェイク」のデコレーションも、細かくこだわっていくことで素敵なアクセントになりますね。


 

意味ありげなマークを作れます

カラーを加えて、お部屋のヌックやコーナーを作るのにも利用できますね。照明を組み合わせて使うことで効果が高まります。


 

動線を導くサインにも

意味ありげな廊下の動線を作ったりするのにも使えるステンシル。デコレーションにするだけではなく、床をあるきながらストーリーを感じさせることもできそうです。


 

おわりに

普段は何気なく眺めている床にも、デザインやデコレーションの余地がまだまだありそうですね。古くなってきても、すぐに新品に交換してしまうのではなく、既存の床の上から塗装してイメージを変えられるのは嬉しいかも。歩いたときの硬さ・柔らかさも変化するので、リノベーションにオススメですよ!

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。