差し色にも最適!おすすめ秋のスカーフちょい足しコーディネート

使いたいけれど使い方が難しいスカーフ。大人女子にピッタリのアイテムですが、上手く使いこなせない人も多いのでは?そこで、スカーフを上手に取り入れたコーディネートをいくつか集めてみました!

2015/10/15更新
差し色にも最適!おすすめ秋のスカーフちょい足しコーディネート

大人女子の上品アイテムといえば“スカーフ”

大人女子の上品アイテムといえば、スカーフ。1枚プラスするだけで、普段のコーディネートの格があがっちゃいますよね!そんなスカーフですが、意外と使い方が難しいと思う人も多いようです。そこで、オシャレに決まるスカーフコーディネートをまとめてみました!

 

お手本は海外スナップ!

日本にではファッションの流行が色濃く感じられて、自分流のスタイルを持っている人ってなかなか多くはないですよね。でも、海外のオシャレさんは、流行に流されすぎずきちんと自分に似合うスタイルをみなさん持っています。そんな中で、オシャレにスカーフを使っているオシャレさんも結構いらっしゃるんですよ!


 

広告

 

大判スカーフなら、シンプルに首まわりに置くのがおすすめ。巻き方は色々ありますが、シンプルコーデに合わせた巻き方を意識しているようですね。また、そのまま首にかけるだけでも充分!顔周りが華やかな印象にアップします。


 

スカーフのカラーや柄によっても印象が変わってくるので、色々試してみるといいと思います。お仕事スタイルなら、ネイビーや紫などの濃いめカラーがおすすめですよ。


 

スカーフアイテムたち

秋らしいカラーが使われた華やかなスカーフ。フリンジっぽいあしらいが、結んだ時に華やかな印象を強めてくれます。結び方で見えてくるカラーが変わるので、どの部分を見せたいのか研究も必要です。


 

モノトーンのシンプルなデザイン。イラストが描いてあっても、全部か見えるわけではないので、意外とシンプルな着こなしになるスカーフです。


 

スカーフの淵にカラーあるタイプは、大人っぽく上品にまとまりやすいタイプ。トレンドのキャメルが見えるので、シックな装いに映えるスカーフになりなりそう。


 

全体的にボルドーでレディーな印象が強いスカーフ。スカートスタイルでキュートにまとめたい時に使うと、華やかなアクセントになって丁度いいですよ。


 

スカーフを上手にスタイルに取り入れる方法

首回りに巻く

スカーフの使い方は色々ありますが、基本は首巻きスタイル。大判を半分に三角に折って首回りに結んだら、エレガントで秋らしいスタイルにまとまります。スカーフの大きさが小顔効果に繋がってGoodですよね♪


 

シンプルコーデの時に、シャツの首回りにチラッと見えるように巻く方法もあります。上からジャケットなどを着用する時は、こういう方法だとアクセサリーがなくても華やかな印象に見えるのでおすすめですよ。


 

シンプルにネクタイやリボンのように首もとで結ぶという方法も。柄もののスカーフだと、カラフルに見えてとても華やかです。モノトーンコーデやシンプルなワンピースなどの時に映えますよ。


 

デニムシャツの時に合わせるのもいいですね!スカーフで丁度いい差し色になっているので、顔周りも明るく保てます。カジュアルなのに、とっても上品な印象がプラスされますね。


 

シンプルな黒のワンピースにシンプルなスニーカーを合わせる時は、スカーフメインのコーディネートもいいですよ。グリーンやブルーのスカーフにすると、全体のシルエットがスッキリと見えます。


 

腰に巻く

クルクルと細く丸めてベルト部分に結ぶ方法もあります!シンプルなワイドパンツが人気なので、こういうポイントの効かせ方はとってもオシャレですよ♡


 

ベルトのようにしなくても、三角に折ってウエスト部分に巻く方法も素敵ですよね!シンプルコーデが一気に品のある華やかレディーコーデに格上げです!


 

黒やネイビー、カーキが好きな人も、こういう方法でさり気なくカラーを足すと、スタイルが良く見えることも。スッキリとしたシルエットが強調されるので、大人女子にピッタリのスカーフ使いです。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

chikachan

chikachan

結婚してからファッションライターとして活動しています。旬のアイテムやコーディネートについてご紹介します♪