「飾る」ためのスペース、「ニッチ」を素敵にディスプレイしよう♡

「ニッチ」って聞いたことありますか?飾るためにつくられた壁のくぼみのスペースのことです。ここの飾り方はなかなか難しかったりするのですが、ちょっとしたポイントをおさえて素敵なディスプレイをしてみましょう!

2015/10/16 更新
「飾る」ためのスペース、「ニッチ」を素敵にディスプレイしよう♡

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

ニッチ(niche)とは?


小物や絵などの飾り棚として利用するために、壁の一部をへこませた部分のこと。 元々は英語で、直訳すると隙間、くぼみを指す。

http://chumon-jutaku.jp/words/ni/1204/

飾るために作られたスペースなので、ここはセンス良く飾りつけしたいものです。

 

広告

 

ニッチの飾り方のポイント

バランスよく飾ることが意外と難しいんですよね。どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?飾り方のポイントをまとめました。

 

まずは家族写真などから始める

何を飾ればいいのかわからない場合はまずは家族の写真などを飾ることから始めてみてはいかがでしょうか?


 

テーマを決めて統一感をだす

自分の中でテーマを決めて、飾るものの種類やテイスト、色などを統一しましょう。


 

上の空間が大きくあかないようにする

ニッチの形が縦長で上部がアール型になっている場合、下に小さい飾りだけを置くと上部の空間が大きすぎてバランスが悪くなりがちです。高さのある飾りや植物などでバランスをみて飾りましょう。


 

季節のものを飾る

玄関にあるようなニッチだと人目に触れることも多いですよね。同じものを飾りっぱなしにするよりも、季節ごとに飾りを変えて変化を楽しむのもいいですね。飾る方も見る方も楽しいです。


 

ニッチの素敵なディスプレイ

あなたはどんなふうにニッチを飾りますか?飾り方は千差万別!素敵なディスプレイを集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

お風呂場にニッチがあるとお風呂場で使うものを収納する棚として使えますね。限られたスペースを有効活用しています。


 

ニッチの中をバランス良く飾るのは難しいですがセンスよくまとめています。小さいものを下段に、大きいものを上段に、なるべく目線を上にもっていく飾り方です。


 

ニッチの壁が黒板になっているのでメッセージを書いたり、季節のイベントの絵を書いたり、遊びながらアート感覚で飾れます。


 

ほとんど奥行きのないニッチの場合は壁自体を飾り付けるように壁紙を貼るのもいいですね。そこに大きめの一つだけの飾りを置いてアクセントに。


 

横に長いニッチは本棚として使用しています。壁のくぼみを利用すると、家具を置かなくていいので部屋を広く使えますね。


 

ここまで大きいと博物館の展示スペースのようですね。ライトアップする照明がさらに雰囲気をだします。お気に入りのコレクションを並べましょう。


 

キッチンにニッチがある場合はお気に入りのお酒を並べて飾るのもいいですね。好きなものを飾って眺めるたびにウキウキできますね。


 

いかがでしたか?飾り方が難しいとされるニッチですが、基本は自分の好きなものを楽しく飾るのがいいですよね。眺めるたびに嬉しくなるような空間つくりをして下さい。

シェアしよう!