メインにする?ポイントに取り入れる?大人の雰囲気たっぷりの「黒インテリア」が素敵!

一見、敬遠されがちな「黒」を使ったインテリア。上手く取り入れるととっても素敵な大人空間が出来上がるんですよ。黒を使った素敵インテリアを集めてみました。これを見たらお部屋に黒を取り入れたくなっちゃいますよ!

2017/01/19 更新
メインにする?ポイントに取り入れる?大人の雰囲気たっぷりの「黒インテリア」が素敵!

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

「黒」はマイナスイメージがある色とされますが、インテリアでは生活感をなくし、モノトーンでカッコいい雰囲気をだすことができます。上品で高級感のある空間も演出してくれます。また、他の色を引き立てる役割もあります。部屋のメインを黒にしたり、アクセントカラーとして部分的に黒を取り入れたり、方法は様々です。センス良く黒を取り入れているお部屋をご紹介します。

黒が素敵な海外インテリア

出典:pinterest.com

部屋にある大きな家具、ソファー、テーブル、チェアー、電気スタンドが黒を黒にしています。フローリングも暗めの木目なので下半分は重厚感のある雰囲気に。その重い雰囲気が壁の個性的な飾りを引き立てています。


 

広告

 

出典:pinterest.com

部屋の真ん中にあるダイニングセットと照明が黒です。重い感じにみえないのは、高さのある大きな窓と白の壁と白の本棚が部屋を十分明るくしているからですね。また、照明は黒でも遊び心のあるデザインにしているのがポイントです。


 

出典:pinterest.com

黒い壁ですが模様が入っているのでそれだけでお洒落な雰囲気です。銅の照明と木のテーブルのブラウンが全体の黒を和らげています。ブラウンが入ることでモノトーンの美しさの中に、あたたかみがでていますね。


 

出典:pinterest.com

アクセントに黒を使うのではなくメインが黒というのは大胆ですね。大きな黒の家具が置かれると圧迫感がでるものですが、こちらはスッキリとした印象です。真っ白でピカピカのタイルといくつも吊るされた裸電球が素朴な明るさをだしています。


 

出典:pinterest.com

黒の椅子が4つも集まっているのに暗く感じないのはあたたかみのある木のテーブルと遊び心のあるペンダントライトと電気スタンドのデザインが大きく関係しています。


 

出典:pinterest.com

黒のボーダーはとても洗練された上品な雰囲気をだしてくれます。ゴールドの照明がぴったりマッチしています。また、鮮やかな色の花がアクセントになって素敵ですね。


 

部屋の基調となる色は「白」で、アクセントに黒がたくさんはいっています。この、黒の入れ方がセンスを問われる部分ですね。部屋を見渡した時にまんべんなく黒が配置されているとまとまったすっきりした感じになります。さらに花をいれると上品になります。


 

 

出典:pinterest.com

この壁紙、とっても可愛いですね。壁紙はドット柄なのにクッションカバーはストライプをもってきていますが違和感なく素敵にまとまっています。部屋の色味が単調になりがちですが個性的な電気スタンドの色がアクセントとなっていますね。


 

出典:pinterest.com

黒が美しいパントリーです。黒のタイルの艶感が明るく上品な雰囲気にしています。無造作に置かれたバスケットや裸電球が柔らかい雰囲気にしてくれていますね。


 

出典:pinterest.com

色としては床以外は黒のみですがこれだけ黒づくしでも落ち着いた空間になるので寝室としてはいい感じですね。同じ黒でも微妙に色が違うのと、なにかしらの模様が入っているのがポイントです。


 

出典:pinterest.com

重みのある雰囲気です。クラシカルな黒の椅子と二つ並んだ大きなペンダントライトがインテリアのポイントです。テーブル中央の時計のゴールドが黒とマッチして上品でクラシカルな雰囲気を盛り上げています。この大きさの照明をこの位置につるすセンスがすごいです。


 

いかがでしたか?黒がメインだったり、アクセントだったり、いろんな取り入れ方がありました。モノトーンにもシックにも、ゴージャスにもなる黒のインテリア。大人の雰囲気たっぷりの素敵な黒インテリアを楽しんでみませんか?

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!