おうちの第一印象を変えるならココ!エントランスで使いたい壁紙コーディネート☆

エントランスの印象をUPする、壁紙の使い方・コーディネートの紹介です。エントランスはおうちの第一印象を決める大事な導入口。通り過ぎる動線の一部にするのではなく、見せるべき壁を決めて、演出してみませんか?

2016/04/27更新
おうちの第一印象を変えるならココ!エントランスで使いたい壁紙コーディネート☆

玄関の扉を開けて、まず最初に目に入る壁は、どのような仕上げになっていますか?来た人を出迎えてくれる『壁』を、美しい柄やアクセントとなる色を用いることで、入ったときの第一印象は、かなり変わるはず!日本ではあまり見かけることがない、アクセントウォール@エントランスの壁紙コーディネートを紹介します。

玄関の正面の壁を演出しましょう

玄関を開けて、正面の壁が空いていたらチャンスです。華やかな幾何学柄の壁紙に、小物や扉といったアイテムまで、イエローとブラウンで丁寧にコーディネートされています。第一印象がハッピーだと、リビングなどのほかの部屋の印象もUPしそうですね!


 

広告

 

ナチュラル柄でイメージUP

ナチュラルでぬくもりのある柄をエントランスのハイサイドに用いている例。部分的に貼っているので、逆に視線を集める仕掛けになっています。白い壁とのコントラストにホッコリとしたものを感じます。


 

花柄でウェルカムウォール

カラフルな花柄も素敵ですね!敢えて、そのテイストとは距離のあるアンティークなベンチやスチールバスケットを取り合わせて、ギャップのある可愛さ。


 

アクセントカラーを差し込む

ドレッシングスペースを兼ねたエントランスに、アクセントウォールを。ウォールフックやそれにかかるストール、カバンなどのアイテムの背景になるので、共鳴できる色を選ぶのがポイントです。


 

フレッシュな柄でサプライズを

玄関がネイビーというのもなかなかインパクトがあるのですが、玄関に入ってフレッシュなイエローの壁紙がパッと目に入ったら…びっくりですよね!おうちの好印象は、ここで決まってしまいそう…そんな扉と壁のコーディネートを探してみるのもいいかもしれません。


 

パープル系のアクセントウォール

パープルのアクセントウォールをエントランスに。エレガントでスマートなイメージに、カーキやイエロー、ベージュのコーディネートがばっちり嵌りますね。


 

グレートーンでクリーンなイメージを演出

しゃきっとしたキレイな印象のグレー&幾何学パターンの壁紙。小気味良いシャツの柄のような、クリーンでニュートラルな印象をもたらしてくれます。ゴールドで華やかさを、ナチュラルなマテリアルのバスケットで崩しを入れて、バランス良くまとまめたエントランスです。


 

ピンク系でふんわりとした明るいイメージに

スペースに余裕のないエントランスでも、壁にベージュピンクの壁紙と、手前には小さなコンソールをあしらって、おもてなしの気遣いが大事です。鏡を上手に使って、狭さを解消しているのもGOODです。


 

おわりに

普段何気なく通り過ぎているかもしれない、エントランス。一部分でも壁の仕上げを変えることで、「演出している」感じは伝わるものなのですね。自分好みの壁紙がある…でも高いから、大きい面積はムリ!というときなどに、思い出してみてください。玄関に使えるかもしれません~。

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。