幸せを運んでくる♡季節に合わせた素敵なリースをお家に飾ってみませんか?

欧米では、ハロウィンやクリスマスなどのイベント以外でも、気軽にリースを飾ります。なぜなら、リースは『幸せを運ぶもの』と言い伝えられているからです。そんなリースを、わたしたちももっと気軽に飾ってみてはいかがでしょうか。そこで、季節に合わせたいろいろなリースをご紹介させていただきます。

2015/10/13更新
幸せを運んでくる♡季節に合わせた素敵なリースをお家に飾ってみませんか?

欧米では、ハロウィンやクリスマスなどのイベント以外でも、気軽にリースを飾ります。なぜなら、リースは『幸せを運ぶもの』と言い伝えられているからです。さまざまな幸せを運んでくると言われているリース、わたしたちももっと気軽に飾ってみてはいかがでしょうか。たとえば。。フレッシュハーブをキッチンリースにして、そのままお料理に使ったり。。なんて使い方ができたら素敵ですね。今日は、季節に合わせたいろいろなリースをご紹介させていただきます。

wreath(リース)とは。。?

wreath/リースとは、永遠・不滅などの意味が含められている『花の環』の事です。リースと聞いてすぐに思い浮かぶのは、クリスマスリースですよね。そこによく使われている常緑樹のヒイラギやモミは、永遠の命を表しています。また、金色は希望、白は純潔と言う風に、色にもさまざまな願いが込められ、それらを使って作られたリースは、”終りのない永遠の象徴” “幸せを運ぶもの” とされ、お家に飾られる風習があったそうです。

 

for fall

秋のリース

まずは、秋のリースから。。お花屋さんや雑貨屋さんへ行くと、リース用のざまざまな型が売られています。そこに、お好きな季節の素材を自由に飾ってみましょう。


 

広告

 

ハロウィンリース

秋のイベントと言えば、ハロウィンですね。ハロウィンの象徴である魔女の帽子、オレンジ色などを上手く取り入れて、手作りのリースを楽しみましょう。


 

スタンドタイプ

スタンドタイプの型に、枝をくくりつけて、リボンを飾って。。家族が、訪れる人がいつも楽しみにしてくれるようなリースの出来上がりです。


 

for winter

クリスマスのwallリース

季節はいよいよ冬へ。。12月のクリスマスシーズンがやってきます。玄関ドアやポーチだけではなく、お家の中にもリースを飾って華やかな雰囲気に♪


 

LEDライトを使ったリース

電源の要らないボタン電池式のLEDライトはとても便利♪軽量なのでリースの素材にはぴったりですね。100円均一ショップなどでも購入できるので、どんどん取り入れたいアイテムです。


 

ヴァレンタインのリース

大切な人を思いながら、毛糸を巻いたのでしょうか。グレーのハートがシックでおしゃれな雰囲気です。


 

for spring

イースターバニーのリース

季節は巡り、春がやってきました。春と言えばイースター♪イースターバニ―のリースです。


 

見ただけで幸せになれそうなお花のリース

こちらを見ただけで、ハッピーな気分にしてくれそうな、春らしいお花のリースです。花をあしらった部分が片方だけというのがとてもおしゃれです。


 

ハートのフラワーリース

こちらも可愛い!野に咲く小さな花のようなハートのリースです。きっと、道行く人の心を和ませてくれることでしょう。


 

for summer

シックなあじさいのリース

夏の季節にも季節に合ったリースを飾りましょう。こちらは大人気のあじさいのドライフラワーで作られたリースです。扉の色ととてもマッチしていますね。


 

海を思わせるサマ―リース

端切れやリボンを使って作るリースをマスターしたら、そこに季節の飾りをつけるだけ。。こちらは、海星を飾った、海を思わせるサマ―リースです。


 

爽やかなハートのリース

ハートのリースも、夏はグリーンを主体にした、こんな爽やかな雰囲気で。。朝顔のようなつる性の植物を巻いても、夏らしい素敵なリースが作れそうですね。


 

身近な素材で気軽にリースを飾りましょう

バスタやコルク、木の実。。欧米の方は本当に身近な素材で気軽にリースを作られるようです。花を飾るように、楽しくリースを日常に取り入れることができると良いですね。そして皆様の元にたくさんの素敵な幸せを、リースが運んでくれますように・・・★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。