お洒落インテリアには必ずある、古い洋書をオブジェのように飾ってみよう。

古い洋書は置いてるだけでかっこいいですよね。ディスプレイ用の洋書が売られているくらいにインテリアとしてのお洒落注目度が高いんです。今回は洋書をお洒落にみせているインテリアをご紹介します。

2015/10/05 更新
お洒落インテリアには必ずある、古い洋書をオブジェのように飾ってみよう。

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

インテリアにする洋書の選び方

置いてあるだけでお洒落な洋書。ちょっとしたスペースに無造作に置くだけでもOK。1冊だけよりも似たようなテイストの本を数冊まとめて飾るのがポイントです。


 

広告

 

どんな本なのかは重要ではありません。本を選ぶ時は表紙の色や雰囲気、好きな字体であるなど、インスピレーションで選ぶといいです。


 

素敵な挿し絵がある本はそのページを開けて飾るのもいいですね。外国の童話などは魅力的な挿し絵があります。


 

素敵な洋書の飾り方例

数冊重ねた上に花やグリーンを飾るのも定番です。本の雰囲気と花をリンクさせて自分なりの癒し空間を作りましょう。


 

洋書を縛って吊るして飾っています。軽い小さな本がいいです。お気に入りの表紙をアートポスターのようにみせるように飾りましょう。


 

お気に入りのリボンで飾ります。古本とリボンの質感が相反して面白いですね。シャビーな雑貨たちの中に古びた青い本がとてもよくマッチしています。


 

古本ではなくても、現代アートやインテリアなどの大きめの本を積み重ねて置くだけでもお洒落感満載ですね。本の上には小さなグリーンをさりげなく。寝室のサイドテーブルや、床にそのまま置いていてもいいです。


 

あえて本は開いたまま置いてあります。上には素敵な花を添えて。まわりにはシャビーシックなアイテムを並べるとオシャレな空間になりそうです。


 

重ねた本の上に、お気に入りの陶器の可愛いワンちゃんが!ワンちゃんと本とセットでひとつのインテリアとして成立しています。


 

アンティークな雰囲気が素敵な空間です。古本とキャンドルはよくあいますね。


 

こういう飾り方もユニークです。本の見せ方がいいですね。キレイに並べて入れるのではなく、あえて無造作に詰め込むような形です。カバンの色も素敵です。使わなくなったカバンもこうやってインテリアにできるんですね。


 

本をただ置くと斜めに倒れてしまいます。そんな飾り方もありますが、こうして縛ると倒れる心配はないのでいいですね。縛る紐もお洒落なもので。さらにカギの飾りがポイントです。


 

いかがでしたか?ただ置くだけでいっきにお洒落な空間になる洋書インテリア。古い洋書を求めて古本屋をぶらりとまわるのも楽しいかもしれませんよ。お気に入りの素敵な古洋書が見つかるといいですね。

シェアしよう!