リビングの主役!こだわりのローテーブルで家族がくつろげる空間を作ろう!

お気に入りのローテーブルが主役のリビングコーディネートをご紹介します。オーダーや手作りのモノから昔なつかしいちゃぶ台まで、こだわりのローテーブルがあれば、くつろぎの空間になること間違いなしです!

2016/07/18更新
リビングの主役!こだわりのローテーブルで家族がくつろげる空間を作ろう!

リビングコーディネートに欠かせないローテーブル。形やデザインもさまざまで、ローテーブル一つでお部屋の雰囲気もかなり変わります。北欧テイストが人気ですが、日本に昔からあるちゃぶ台だって立派なローテーブルになります。

ローテーブルというとモダンな印象を受けますが、日本には昔から、ちゃぶ台という文化がありました。円であることから人数もあまり制限されない効率の良い形。家族でテーブルを囲むくつろぎの時間は現代にも受け継がれています。小さなお子様からお年寄りまで、くつろぎの空間を作ってくれるちゃぶ台に再注目です!

 

広告

 

円卓のローテーブル

チェリー材の円卓です。和のような北欧のような、木のぬくもりが感じられるリビング。どこか日本の懐かしい雰囲気も感じさせる円卓は、くつろげる空間を演出してくれる事間違いなしですね。他にも注目のローテーブルがたくさんありますので、いくつかご紹介します。


 

スクエア型ローテーブル

愛犬もくつろげるリビングです。アジアンテイストのソファとローテーブルでコーディネートされたリビング。観葉植物もリラックス空間を演出してくれています。ガラスの天板下にもたっぷり収納できるテーブルですね。


 

外側に突き出した脚がオシャレなローテーブル。ナチュラルや北欧テイストのお部屋にピッタリです。カーペットやラグマットにローテーブルという組み合わせが王道パターンのようです。


 

オーダーや手作りのローテーブル

LUMBER AND SMITHというオーダー家具屋さんのローテーブルです。ヘリンボーン模様にしてもらった古材の天板とシンプルで細身のアイアン脚が部屋に馴染んでいてお気に入りだそう。自分だけのオーダー家具、憧れますね。シンプルながらもヘリンボーン模様が個性的な雰囲気を演出してくれています。じわじわと人気を集める模様です。


 

鉄脚のローテーブルは何と手作りとのこと。ブルックリンスタイルのカッコいいお部屋に馴染むローテーブル。お気に入りの雑貨に囲まれた、こだわりを感じるお部屋コーディネートです。


 

ひと工夫こらしたローテーブルたち

無印の折り畳みローテーブルを2つ繋げて使用しています。大家族でローテーブルというと、かなり大がかりなモノになってしまうので、2つ繋げて使用するというのも手ですね!用途に応じて繋ぎ方を変えれば使い方もより広がるかも。


 

木製の船トランクをテーブル代わりに。収納力も抜群の立派なテーブルです。レトロでオシャレ感もばっちり!真似したいアイデアですね。


 

白い脚と天板の組み合わせがカワイイローテーブル。リメイクされたものだそう。テーブルランナーがさらにカワイさを演出してくれています。天板下には収納スペースも兼ね備えた、小さくても機能性十分なテーブルです。


 

以上、リビングの雰囲気造りに不可欠なローテーブルをご紹介しました。和、北欧、ブルックリン、アジアンなどなど、ローテーブル一つとってもさまざまなテイストが揃っています。家族のくつろぎ空間となるリビングに欠かせないローテーブル。こだわりの一つを見つけてください。

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

hoccori0710

hoccori0710

有名ファッションチェーン店や雑貨店に勤務経験のある、2歳の男児子育て中のママです。