身近な材料でDIY♪『10月31日◇ハロウィン』の飾りを作ってみませんか?

10月31日は『ハロウィン』です。ハロウィンは、クリスマスほど力が入らない。。"あまり面倒なことはしないでお祝いできたら。。そんな方のために、簡単に飾れて雰囲気がでるもの、家にある雑貨や手に入りやすいもので作れるハロウィンの飾りをご紹介させていただきます。

2015/10/06更新
身近な材料でDIY♪『10月31日◇ハロウィン』の飾りを作ってみませんか?

10月31日は『ハロウィン』です。ハロウィンは、クリスマスほど力が入らない。。”あまり面倒なことはしないでお祝いできたら。。そんな方のために、簡単に飾れて雰囲気がでるもの、家にある雑貨や手に入りやすいもので作れるハロウィンの飾りをご紹介させていただきます。当日からでも十分間に合いますので、今年はぜひ、ハロウィンナイトを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハロウィンのはじまりとは?

なんとなくお祝いしているハロウィンですが、万聖節(11月1日に行われる)という、キリスト教のお祭りの前夜祭なのだそうです。この日には、死者の霊が家族を尋ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていて、それらから身を守るために、仮面をかぶって魔除けの焚火を炊いたのが、ハロウィンのはじまりだと言われています。


 

広告

 

楽しくDIYしてみましょう

では、簡単にできるDIYをご紹介させていただきます。

 

ペイントしたかぼちゃ

とてもきれいに可愛くペイントされたかぼちゃたちです。こんな風に模様を描くのが難しいようでしたら、スプレーで一色に染めてしまい、油性のマジックで顔や文字を描くと簡単です。


 

ハロウィンカラーの風船に顔を描いて

ハロウィンカラーのオレンジ色とおばけの白色の風船を膨らませて、マジックで顔を描いただけですが、ものすごくハロウィンの雰囲気になっています。


 

毛糸で作ったガーランド

オレンジ色の毛糸をぐるぐると無造作に巻いて、ガーランドにしています。わざと均一の形にしていないところがおしゃれですね。


 

使い捨てのコップを使って

10分もあれば出来てしまいそうなDIYですが、すごく可愛いですね。オブジェにしてもいいですし、テーブルに飾って、そのまま飲み物を飲む時に使っても楽しめます。


 

LEDライトを使って

LEDライトに、ペイントしたプラカップを被せて、ハロウィンランタンの出来上がりです。玄関や階段などにランタンをたくさん置いて飾りたい時など、こんな方法で手作りしたらリーズナブルに飾る事ができますね。


 

ストローにひと工夫を

こうもりの形にカットしたペーパーを、ストローに飾って。。こちらはペーパーで作っていますが、オレンジや黒のマスキングテープでフラッグにしたり、黒いリボンをキュッと結ぶだけでも、ハロウィンぽいストローになります。


 

最後に玄関リースを飾って

大小の毛糸玉をつけて作った、ちょっと力作のリースです。ハロウィンの重要なキャラクターのクモが苦手な方にも、こちらのような可愛いデザインなら大丈夫そうですね。


 

楽しく飾り付けましょう

オブジェ用のかぼちゃも毛糸も、プラカップもLEDライトも、今は100円均一ショップですべて揃います。今まで、ハロウィンのお祝いをしたことがない方も、今年は、身近な材料で楽しくハロウィンの飾りつけをしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。